ハロウィン2010
「お母さんがお菓子いっぱい作って待ってるって言うから実家に帰るけど、一緒に行く?」
と同居人。
今日はハロウィンでした。
昨夜午前一時半に帰宅したうちら二人、今日は珍しいことに揃ってオフ。
自分にとっては数週間ぶりかなんかで久しぶりに何もない日。
てこともあり、朝からだらけ度は最高潮。
「一人でTrick or Treatするんで忙しいからお留守番してる。楽しんで来てー」
と意味不明なことを言って、布団の中からお見送り。
例によって『おうちオフ』。
いつまで引きこもるんでしょう自分。

自分本気で一人Trick or Treatするつもりだったんですが(=Treatの連続回答)、お菓子もお菓子を作る材料もなかったので、ひたすらDVD見つつ寝て起きての連続。
化石の如くソファに寝転がって一日終わりました。

いつもの仕事着でも寝巻きでもなく、“ちゃんとした”服を無駄に着てみた、というのが今年の私的仮装大賞ですかね。
明日から11月突入です。
これまたいろいろと仕事面では動きがありそうな。
と言って特別楽しみっていうわけでもないんですが(笑)、今日オフもらったことだし、先週までのようなことにならないようコントロールする術を見つけるのが第一の課題です。


さて、明日はどのチームの練習に行かされるんでしょう?笑
【2010/10/31 22:50 】
| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
帰宅
遠征から帰ってまいりました。
行き12時間、帰り九時間。午前一時半帰宅。
なんて楽なんだ...て感じだった。
おかげで「来週が来なければいいのに」というネガティブ思考さえ生まれました。
こういうときに「前に進まなければ云々」、て諭されるんでしょうね。
頭では分かっているんです。
前に進まなきゃいけないこと。
時間は過ぎているっていうこと。

とりあえず今日ハロウィーンはオフになりました。
何もしたくないので、たぶん一日中横になってDVD見てます...
それが一番したいことでしょうかね...たぶん。
【2010/10/31 02:36 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
推測するに
自分には周りに家族も友達もいないおかげで、先週からとんでもないことになっているんじゃないかと。

忙しい方が好きだし、代理でいろんなチームに付かせてもらって学ばせてもらってることも多い。
でもその慌しさの反動かわからないんだけれども、毎晩無性にむなしくなる。
他のスタッフの家族等々の事情で代理を務めることが多いわけですが、「家族を持つって大変だな」と思うと同時に、自分がそんなに柔軟になれるのは家族なり友人なりプライベートってやつがないからなんかなとか無駄なことを考えてしまったり。
今のところない方が楽なんですが...自分のことでいっぱいいっぱいになってるし。
ただ自分はどうしてもギブ・アンド・テイクの考えが強い(ニアイコール、恩着せがましいんでしょうか...やだな)ので、「経験させてもらっている」というポジティブ思考ができるレベルを超えてしまいそうな今のこの状況に、結構やられてます。
愚痴る内容も定まらないくらい、頭の中で考えていることが肯定否定を行ったり来たり。
抱える選手が増えれば、当然仕事も増えるし考えることも増える。
チームが増えれば練習時間が増えて、したら当然その前後に取られる時間も増える。
代理なので「あなた誰すか?」て選手ばかり...なので怪我等々のペーパーワークにも余計な時間がかかる。カナダ人の苗字と保険はさらに時間がかかる。(いい子達ばかりなんですけれど)
オフィスでの暇な時間が減ったのは本当にうれしいんだけれども、夜ストレスで眠れないというこの状況は正直いただけない。
さらに「幸せ痩せのストレス太り」傾向のある自分には、なおさらこの状況はいただけない。
一日一食しか食べてないんだけどな...(しょぼん)
チョコレートが進む進むー。


こんなことを言うのも情けないけれども、メンタル弱い自分にしては仕事に支障が出ていないのが幸い。
とりあえず日曜の明け方にニュー・ハンプシャー州から帰ってきたらその日は何もないみたいだから...それまでなんとか乗り切らなきゃ。
遠征中は一つのチームだけ見るので、若干ほっとしてます。
にしても、せめてホッケー遠征出発日の午前六時出勤・バレー部朝練だけは逃げたかった......
【2010/10/27 00:05 】
| 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) |
Everything happens for a reason.
ときに優しく、ときに受け止めがたいこの言葉。
ここに越してきたときにシヴォンといろんな話をして、そのときに言われた言葉。
いろんな人が使っているし、いろんなところで聞くような言葉だと思うのですが、なぜかそのときはすっごく自分の中で響いたのでした。
...といって詳細を省略する自分。


本題。
ここ数日すっごく忙しいし、さらにこの週末は平日よか忙しくなるんですが、そこでこの言葉を考えるとすごく複雑です。
「reason」て、なんすか?

自分が何かをするために起こっていることもあると思う。
自分が何かをしたがゆえに起こっていることもあると思う。

自分に試練が与えられているのか。
それともこれまで自分がしたことの結果なのか。
(明らかに練習日程の変更で12時間労働になってるなんてのは自分の影響ゼロだと思いますが)

要はどっちもあり、なんですが。
...だと思うんですが。


目の前のことを片付けるのに手一杯になってるのが、正直自分でも分かります。
何か見失ってる気がするし、何かを得ているというより“その場しのぎ”をしているという感じが強い。
今の立場と他のスタッフ・チームのスケジュールとの兼ね合い等々もあって、自分がコンスタントに見られる選手が少ない。
イコール、長期計画なんてほとんどあったもんじゃない。あるとしたら、いかに今シーズン乗り切るか。
たしかにそれは大切なんだけれども...乗り切るためには長期的に取り組んでいかなきゃいけないこともあるわけで。その場しのぎだっていつでもできるものばかりではない。
さらに選手が来るタイミングも、残念ながら“その場しのぎ”が一番の選択になってしまうようなラストミニッツだったりする。
何か変えられそうなのに、その一つ一つが他の要素で消されていく感じ。
したら次の可能性を見つけるのみ。
なんですが、だと思うんですが、なんかぐらついてます。
「これでいいのか?」て考えたらきりがないけれども、それがなくなったら人生終わっちゃうような気もする。
前に進むためには、疑問を持って一番の答えを探そうと努力することは必要だと思う。
でも疑問だらけでなにもつかんでない生活は、やっぱりフラストレーションがたまるし自分に嫌気がさしてきてしまう。
そんな状態にもかかわらず、幸か不幸か(仕事的には「幸」ですが)何もかもが“大丈夫”に見える形で片付いてしまっているから、なおさらはまってしまうのです。


...なんて。
ネガティブなことを書いてしまってすみません。
でも気持ちは全然ネガティブではないのです。とっても元気です。
なぜなら。
今、翌朝、次の日に何をしなきゃで頭が常にいっぱいだから。



これを悪循環と言わずしてなんと言いましょう。
自分自身もその場しのぎになっているのか?
【2010/10/21 22:20 】
| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
速攻!
今日は慌しかったのです。
朝から選手をちょっと離れた病院に連れて行って、
戻ってきたと思いきやホッケーの練習へ行く時間に。
でアリーナに着いて、ストレッチやらテープやらトリートメントやら明後日の試合の準備やらなんやらかんやらしているうちに、夜のバレー部の試合準備の時間に。
ひえー
と車を走らせ、試合のセットアップと選手のトリートメントをせかせかしてたら、来るわ来るわ選手が来るわ...
「な、なぜに今日、てか試合直前になってそれを言う?!」
てのも含めてとりあえず全部“いい感じに”整えて...
したら試合開始。
ひえー
...と思う間もなくあっという間に三セット先取して、試合終了。

......。
終わった。
一時間しか経ってないけど、特別良かった気もしないけれども、勝ったぞ。
やったー わーいわーい


とりあえずほっとしつつ片づけをしていたら、
「あーーーゆーーーーみーーーーー」
てわらわら選手が来て。

おーよしよし。
みなのもの、よくやった。

てなでなでしてたら、「明日オフになったの!!」

な、なんですと?!
オフってことは、朝六時に学校来なくてもいいってことですよね?!
や、やったぜ!!!!!!!!!!

「Good job guys, as always!!」


...てことで、明日は朝から明後日のホッケーの試合の準備ができることになりました。ふー
バレー部はカンファレンス一位を独走中。
ホッケー部はけが人と問題児続出中。
ああ
痛い。
まあそんなときもあるでしょう...てことで。

今週末は金・土・日とも、一日なにかしらの試合(ホッケー/バレー)のカバーに加えてこれまたなにかしらの練習(バスケ/バレー)もカバーすることに。
土日も夜七時まで練習するのね...
てことは自分の帰宅は夜八時になるのね...
ナイスファイ......
【2010/10/20 22:05 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ