突然の大きな経過報告
今日オフィスで帰る支度をしていたら、ふらっと入ってきたボスから突如「あー、えーと、一応伝えておきたいんだが、来年度のフルタイムポジションは12ヶ月契約になるから」と言われ。
何の前置きもなく言われたので、これはどういうことだろうときょろきょろしだした自分に、ボスが慌てて
「あゆみの来年度のフルタイムのポジションが決まったんだ。これはいいことだと思うんだが、...あゆみにとっていいこと、だったかな?!」
と。

......。
およっ?
これは今、自分の仕事の話してて
ほいで雇ってもらえることが決まったという話だったもしかして?

...ほんとに?

「ちょ、ちょっと待ってください、突然のことなんでちょっと混乱して...」
と情けない感じでへろへろ座り込んで、すみませんすみませんと言いつつ一から説明してもらうという手間をかけた挙句。
来年度、現職場・インターン先であるナイアガラ大学で、フルタイムのアシスタント・アスレティックトレーナーとして雇ってもらえることが決まったと告げられました。


相当混乱してた(らしい)自分は、これが具体的にどういうことか、自分の就労ビザ取得の問題上ではどれくらいの“事件”に当たるのか、すぐには分からなくて。
だもんでリアクションも「お、お、お、ほんとですか?わ、わわわわあああい」て微妙な盛り上がりで(既に記憶にない)、なんだかボスをがっかりさせてしまったかと後からとても気がかり...。
さらに自分の就労ビザ申請の条件(正しくは学校付の弁護士さんが要求している条件)を満たすために、今いる他のスタッフにも少し調整してもらう部分もあり、それにもすごく申し訳ない感を持ってしまって。
だから正直、『どういう気持ちになればいいんだろう?』とずっとふわふわして...




ました。

が!!

これを喜ばなかったらなおさら失礼じゃないか!!!!!!!


ありがとうモン!!!!!!!(←ボス)
ありがとう体育局長さん!!!!!!!
ありがとう人事部の皆さん!!!!!!!
そして日々自分に理解できない(程ひどい)ブラックジョークと勝手に感じているだけかもしれないたくさんの愛情で支えてくれてるスタッフのみなさん、
ありがとう!!!!!!!!!!!!!!


まだビザ申請の手続きが終わっていないので、若干気が気ではない部分はありますが、
『ポジションが決まった=学校側が法的サポートしてくれることが決まった』ということだと思うので、これはとても大きな進展だったと思います。
ちゃんと喜ぶのはビザ申請手続きが完了して落ち着けるようになってからだと思っているので、とりあえず今回は途中経過の報告まで、てことで。(※正式にすべてのことが整ったときには実家に一番に電話するから待っててください!)
日本では四月一日、エイプリル・フールですが、こちらはまだ雪降る三月です。
ので、今自分が書いているのは作り話ではありません。
ビザ申請の手続きが早く済みますように...!
【2011/03/31 23:49 】
| 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) |
二週間
大震災が起きてから二週間が経ちました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ニュースやインターネット上でも、震災以外の情報が少しずつ増えてきて。
水道や交通など、徐々に戻ってきた生活もあれば、救助活動や原発・放射線への対処など、被災地を中心に不安が消えない日々が続いている日本。
アメリカでもニュースで取り上げられることは(時間的に)減ったけれども、それでも毎日テレビやラジオ、多くのメディアで日本への義援金を募ってくれている。
こうして離れた土地にいて言うのは軽々しく思われるかもしれないけれども、とにかく早く原発のことが落ち着いて、被災者の方々がいつもの生活を送れる日本になってほしいと願う毎日です。


自分自身の生活は特別変化もなく。
てことで全く更新していなかったのですが、今日電話で父に「最近更新してないからどうしたんだろうと話してたところだ」と言われたので、とりあえず何も変化がないということを書いている次第です...
ああ、強いて言えば、今週火曜から例のクラブ・スポーツの選手対象のクリニックが始まりました。
事情があるので仕方がないのですが、週一回、二時間のみの開室という利便性の欠如からか(もしくは悪天候のため)、初日三人でした。
自分はまあ初日だし仕方ないか、と思ってたのですが、それを告げたボスと他のスタッフは「これやばいよね」と緊急小ミーティングをしてくれてました...なんか非常に申し訳ない。
正直今の『サブスポーツのみカバーする』というシーズンであれば、平日毎日開室するのだって自分は構わないし可能だと思うんです。
でも労働法やら自分の立場(インターンシップ・パートタイムという肩書き)やら、さらにトレーニングルーム・他のスタッフの都合があるので、どうもそうはいかないらしく。
その利便性の欠けてる中でどれだけの需要があるのか、というのをみるためのお試し期間なので、これはどうも...どうしたらいいんでしょうね。
自分宣伝担当じゃないんでもう身をゆだねまくってるんですが...ぬぬ。
初日に来てくれた選手たちはリハビリ組なので、たぶん来週も来てくれるんじゃないかと思うし、そこら辺から少しでも増えていってくれればいいなーという純・神頼み。
ビザの方も相変わらず神頼み中です。
ボスが毎日何度もミーティングでオフィスとどこかを行ったりきたりしているのを見て、
「ああ、こんなに自分のためにしてくれているのを知っておきながら追い討ちをかけるなんてできない!」
と、実際何のミーティングに行ってるのかは知らないまま変なプラス思考でその時を待っているわけです。
GREの勉強でも始めたほうがいいんだろうか...勉強する本も何も持ってないけど。

今週はじめに雪と氷点下の日々がまた戻ってきたおかげで、試合日程が急きょ変更になり、自分を含め全スタッフが今週末オフ。
メインスポーツが負け...じゃなくてシーズン終えてから、もうここ数週間?くらい週末オフが続いています。ありがたい
来週末はスタッフの一人が結婚式を挙げるので、その間ラクロスの試合とサッカーのトーナメントをがっつりこなさせていただきます。夜だし相当寒いだろうな...
春は遠いですが、元気にしてます。
て報告でした。

日本にいるみなさまもお体ご自愛ください。
【2011/03/26 23:32 】
| 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) |
Lady Gagaのリストバンド購入方法に関して・追記
先日少しだけ触れました、レディ・ガガが震災義捐金を集めるために販売しているJapan Earthquake Reliefブレスレット(リストバンド)の購入方法に関して、下にある『続きを読む』の方に一通り書かせていただきました。
英語表記のために購入方法がわからない、という方のために、一つ一つのプロセスを日本語で説明させてもらいました。
できるだけ分かりやすく書いたつもりですが、画面のコピー等ができなかったため文字のみでの説明ですので、ご了承ください。
『メールアドレスと一緒に』と先日書いたのは、もし質問があればメールでのコンタクトの方がよいと思ったからです。その点に関しまして不快感、不適切だと感じた方がいましたら、お詫び申し上げます。

少しでもお役に立てれば幸いです。
続きを読む
【2011/03/17 11:35 】
| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
義援金受付に関する情報・追加
昨日書いた、東北関東大震災義援金に関する情報の追加です。
みなさんもご存知の通りネットにもいろいろ情報が出ていますが、これまで自分が友人や知り合いの人たちに「(手順が)簡単だった」と直接聞いた情報を主に挙げさせてもらいます。

***************************************************

1)iTunes

主にiTunesのアカウントを持っている向けかと思います。
日本(もしくは日本語に設定してある場合)だとどうなのかちょっと分からないのですが、アメリカではiTunes Storeのホームページにいけばすぐに『Help Japanese Earthquake and Tsunami Victims...(以下省略)』の文字と赤十字のマークが目に入ります。
国に関わらず日本(もしくは日本語に設定してある場合)からの寄付であってもAmerican Red Crossに送られるようになっており、金額は5ドル、10ドル、25ドル、50ドル、100ドル、200ドルから選ぶことが出来ます。(逆に言うと自分で指定は出来ません)
アカウントを持っている方は、文字通り二回クリックするのみで寄付できます。とても簡単でした。

***************************************************

2)Yahoo基金

Yahoo JAPANのYahooボランティアのページから入れます。
あるいはYahoo JAPANのトップページの『Yahoo JAPAN』をクリックするだけでもいけます。(タイトルの左下に小さく緊急災害基金と書いてあるのが見えます)
Yahooポイントを持っている方はそちらを使う方法もあると思いますが、壁紙を購入する形での寄付が多いようです。
寄付の金額は500円からとなっています。(日本赤十字社は2,000円からでした)
自分では利用しなかったため詳しい手順等は説明できないのですが...すみません。

***************************************************

3)Google義援金

http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

これは直接日本赤十字社へ送られるようです。
受付金額は100円からとなっています。
Googleチェックアウトを利用しての寄付になるようで、個人情報を入力してアカウントを作る必要があるようです。

***************************************************

4)浜崎あゆみデザインTシャツ

http://www.avexnet.or.jp/ayu/jp/news/110316.html

先程見つけました。
一着1,500円からで、3月いっぱいのみの限定発売のようです。
販売での収益は全て日本赤十字社のほうに送られるとのことです。
身幅等を見て調べたところ、身長が175cm前後の方でMサイズとありました。ご参考になればと思います。
(※海外からの購入希望者におきましては、サイト上にTenso.comの案内がありました。)

***************************************************

5)オンラインバンクのアカウント使用

日本の銀行に口座があり、その銀行のオンラインバンク・アカウントを持っていれば、他にも多数受付先があるようです。
下記はその数例です。

三井住友銀行赤坂支店(TBS)
http://www.tbs.co.jp/miraibokin/donation_r.html

三井住友銀行渋谷駅前支店(Show your heart: Gackt)
http://static.hangame.co.jp/hangame/extra/showyourheart/
【2011/03/16 21:52 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
支援情報
日本時間の14日に、日本赤十字社の東北関東大震災・義援金の受付窓口が開設されたようです。

日本赤十字社・東北関東大震災義援金受付について
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

混雑しているようでなかなかアクセスできないようですが、自分が何回も試した結果、日本時間の午前九時ー十時辺りが一番つながりやすいと感じました。
海外にいる場合はどうしてもクレジットカードで寄付するしかないと思います。自分もそうしました。
情報登録の際、アメリカの住所では郵便番号の桁が違うのでだめかと思ったのですが(***-****の形で入力しないとエラーになる)、郵便番号五桁に続けて二つゼロを入力し、無理やり3+4桁の形にしたら通りました。
(例:郵便番号『12345』の場合は『123−4500』と入力)
住所も電話番号もアメリカで使っているまま入力しましたが、カード番号と有効期限だけあっていればあまり問題ではないようです。
また、情報入力の際何に対しての寄付金か選ぶところがありますので、お気をつけください。
(ちなみにカードがドル単位の場合は、現在円高なのでお気をつけください。自分危うく破産しかけました)


あと日本でも情報は出たと思いますが、アーティストのレディー・ガガが震災の起きた翌日(だったと思います)、『WE PRAY FOR JAPAN 日本の為に祈りを。』とデザインされているリストバンドを発売し始めました。
収益は全て、今回の震災支援のために送られるとのことです。

レディー・ガガ 震災支援ブレスレット販売(英語)
http://ladygaga.shop.bravadousa.com/Product.aspx?cp=14781_42444&pc=BGAMLG88

一つ五ドル(約410円)から売られていて、それに加えて任意で寄付金を選ぶことができます。送料は別途です。
この状況下でこのブログを見ている方があまりいるとは思えないのですが、もし「購入を考えているが英語が読めないので困っている」という方がいましたら、ぜひコメントの方にメールアドレスと共にお伝えいただけたらと思います。(入力したコメントが管理人のみに表示されるように指定できるはずです)
自分の連絡先知っている方はぜひメールでも電話でもください。
うちの家族には(一応)三つ買ったので、誰か欲しかったら言ってください。


今朝出勤中に聞いていたカナダのラジオ局(アメリカのは電波無いので聞けない)で、カナディアン・レッド・クロス、カナダ赤十字の人たちが
「みなさんもご存知のように、先日日本で起きた大地震と津波によって、多くの命が失われそして今も助けを待っている人たちが大勢います。カナダにいる私たちも日本を救いたい。みなさんのご協力をどうか、よろしくお願いします」
と数分間にかけて募金を呼びかけてくれていました。
その後に流れたビートルズの曲で父を思い出して、本当に家族が全員無事だったのは幸運だったと改めて感じ、涙が出ました。
オマハにいるまりこさんからは、母校UNOで日本人とアメリカ人の学生たちが中心となってBake sale(:寄付金を集めるために、自分たちで作ったお菓子などを販売する)をしている写真が送られてきました。
Facebookではほぼ毎日のように応援の声や心配の声をもらうし、こっちのテレビ局でも募金などを毎日呼びかけてくれています。
不安と戦いつつ日々を送っている被災者の方々をはじめ、懸命に被災地の救助に当たっている方々、被爆の危機を知りながらも日々必死に対策に当たってくれている方々...
頭が上がりません...
周りで多くの方々も言っていますが、これほど自分を日本人だと認識したことは今までなかったけれども、今はそれをとても誇りに思います。
自分の国を、そこに住む人々を、どうにか助けたい、支えたい。
そう思っている人たちのうちの一人だということ。


自分の無力感。
ここにいる罪悪感。
離れたところに住む日本人誰もが今抱えているものなのかもしれませんが、すごくフラストレーションです。
もし上にあげた以外でも義援金、物資支援、海外からでも可能な支援方法等の情報がありましたらぜひ教えてください。
余震や放射線の問題などがまだ続いていますが、どうかみなさん、無事でいてください...
【2011/03/16 00:40 】
| 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ