楽しむこと
今日は『Diary of A Wimpy Kid』のDVD見た。
これ二作続いてたんですね。二作目のCMしか知らなかったけど。

↓ 二作目『Diary of A Wimpy Kid -Rodrick Rule-』の予告編。
http://www.youtube.com/watch?v=aEZkyXO3vcI&feature=related
(あの歌のシーン見たら「絶対見たい!」てなりますよね?笑)

このCM見ておもしろそうだなーと思ってたとき、たまたま飛行機で隣になった小さい女の子がこの原作本を読んでくれる、という「事件」が起こったんだけれども。(※このときめっちゃ体調悪くて「ほんと勘弁して!」てぐらぐらしつつひたすら話まくる彼女に付き合った...。)
この原作本、もちろん子供向け。ほぼ絵本て言ってもいいくらい、絵が多い。
それで彼女に読んでもらいながら本見てて、すごくおもしろかったから、自分でも本を買おうと思ってたくらい。
で、よく「ヒットした原作を映画化してコケる」ていうのがあるけれども、この映画二本ともよかった!
感動するとか演技がどうこうとかじゃなくて、“始終リラックスしてただ単に楽しめる”ていうのが素敵でした。
たとえて言うならサザエさんの雰囲気です。ね、素敵でしょ?


話は変わって。

自分今の仕事、一緒に働いている人も環境もすごく好きなんだけれども、時々「このままここで働いていていいのかな?」て思うときがある。ていうか、あった。
ていうのは、自分が最終的にしたいと思っているのは、日本でのアスレティック・トレーニング教育・普及に何らかの形で関わることで。
「それならなんで今アメリカにいるのか。日本で達成したいことがあるなら、すぐにでも日本で動き始めるべきなんじゃないか」、て考える自分と、でもまだアメリカに残りたいって思う自分の間で葛藤することが何度もあった。
これまで自分で言ってた『今はアメリカで経験を積む時期』ていうのが、なんか“アメリカに残るための”言い訳に聞こえたり、
次のキャリア目標として掲げていた『アメリカでアスレティック・トレーニング教育に携わる』ていうのも、そういうことを言いながらATEP(:アスレティック・トレーニング教育プログラム)のないうちの大学に残りたいと思っている自分はなんなんだろう、て思ったりして、度々気持ちがごちゃごちゃになったりしてた。
でも数ヶ月前だと思うけれども、人とキャリア・将来に関する話をしていたときに、「今が『自分が楽しむ時期』でもいいんじゃないかな」てふと思った。
それから、これまで「〜をしなきゃいけない」とか「〜でなきゃいけない」とか、自分で結構決め付けて、それで勝手に混乱と言うか葛藤なんてしてたのかな思い始めた。

大学院時代に授業の課題で、NATAのHall of Famerであるアスレティック・トレーナーさんにインタビューをするって言うのがあって。
そこでインタビューさせてもらった、Citadel大学にて約40年以上働いているAndyさんが、
「ここには有名な選手や華々しい選手はいないけれども、この大学の選手や一緒に働いている人たち、環境が大好きだから、ここにいるのが幸せだ」
みたいな話をしてくれた。はっきり覚えてないけど。

今の大学はATEPもないし、グリーンカードのサポートもない。
だから自分のアスレティック・トレーナーとしてのキャリア目標をクリアするためには、正直メリットは多くないと思う。
それでも、自分はここにいてすごく幸せだし、楽しい。
まあもちろん「勘弁してくれよ!」て嫌になることももちろんあるけれども、それはどこに行ってもいろんな形・原因でついて回るものだと思うし。
やりたいこともあるし、目指したいことももちろんある、さらに就労ビザの期間も限られてる。
だから“やるべきこと(=ATEPのある学校やグリーンカードをサポートしてくれる職場に移る)”を最優先にやってくべきなんだろうけれども、でも少なくとも今は、キャリアとか関係無しに今の自分が一番幸せだと思えるところで働きたい。そう思うくらいの余裕?があるのは、自分がグリーンカードに対してそれほど真剣じゃないからなのかも。
最低でも、今の一年生たちが卒業するまではどうしても見届けたいと思ってる。
...なんて毎年思いそうだけれども(笑)

あとは、結構楽観的と言うか人生なめてるのかもだけど(笑)、きっと「こうしたい、こうなりたい」ていう希望をずっと持ち続けながらしっかりやるべきことやってたら、チャンスっていうのは必ず、自分の準備のできたときに訪れる物なんじゃないかと信じてる自分がいる。
自分の自分自身に対する自信のなさは一等級だし、ネガティブ志向なくせになんですが。

とどのつまりは、自分のQuality of Lifeを何で測るか、ていうのがちょこちょこ変わってるっていう話。
まあ動き続けていたら考えってよく変わると思うし、二年後に三十路とか迎えたらまた何言い出してるか今は予想もつきませんが。笑
それでも今は、自分のキャリアアップに直接関わらないでも、自分が心から好きだと思うことに全力を注ぎたいと思ってる。

...て、ちょっと仕事を楽しむことを第一に考えすぎて、自分の勉強を怠ってるのは改めなきゃと思う。ほんとに。

今日は遠征が重なったことと期末試験も近いと言うこともあり選手があまり来ず、スタッフみんな暇だったので、みんなでトレーニングルームの改装作業をしつつおもしろ写真やビデオを撮ったり、「お小遣いちょーだい」てねだってコーヒーを買いにお散歩行ったりしてた。
......。
えーと
さて。
明日も仕事です。
【2012/04/28 00:49 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
映画
最近。
DVD借りてきて見るのが楽しい。

小さい頃からテレビっ子なので、ナイアガラに引っ越してきてテレビのある家に住むようになってから、テレビが日頃のリラクゼーションと言うか楽しみになった。(オマハにいたときはケーブルなかったのでテレビ見なかった)
平日はいつもフードネットワークっていう食べ物・料理チャンネルと、ファミリーガイていう非教育的なアニメをひたすら見てるんですが。(あと、最近Undercover Bossていうリアリティ番組観てよく泣いてる。)
週末とかよく映画やってるんだよね。
だからこれまでテレビで放送している映画ばかり見ていたけれども、やっぱりどこの国も同じらしくて、結構同じ映画ばかりを繰り返し放送したりする。
でちょっと新しい映画が見たくなって、それで先日の『DVD11本マラソン』決行に至ったわけですが。
お金がもったいないし、そもそもお店に見たい映画が揃っているわけでもないので(笑)ほんと時々借りるくらいなんだけれども、そこで名作を見つけたときの興奮がどうもくせになっている感じ。

先日11本借りたときは、『34番通りの奇跡』と『ザ・ヘルプ』がすごくよかった。
『プリティ・ウーマン』は前から好きだったけど、これは割りと頻繁にテレビでも放送されてるんだよね。
同じくテレビでよく放送される自分の好きな映画は、『トップガン』と『アラジン』、あと『ショーシャンクの空に』もすごかったな。
『ダークナイト』もかかせないですよね!ジョーカー!

で。
そのときに見てあまり好きじゃなかった『マーリー・アンド・ミー』ていう映画、はっしーが「あれはいい映画だから見直せ」て言うから、先日の誕生日何もすることなかったのでもう一度借りてきて見直したのです。
(...で、前回よりストーリーはよくわかったけど、正直よくある話な気がして結局あまり感動できなかった。やっぱり前もって期待して見ちゃうといかんのだと思う。)

その際に借りた他のDVD。
半数はアニメか子供用映画でした。(楽しかったけど名作はなし)
まあそれは置いておいて、前から見たかった...けどいつも忘れていた、『Blood Diamond』をやっと見た。
すごい映画だった!
アフリカのダイアモンド密業、その裏にある残虐な殺人・子供兵のことなどを描いた映画だから、単に「いい映画」だっていうのはちょっと違うと思うのだけれども、とにかく役者さんたちの演技とストーリーが素晴らしかった。
タイタニックから好きじゃなかったディカプリオ、見る目変りました。すごいな。(ちなみにうちの職場はみんなディカプリオファン)

で、今日そのDVDを返しに行って、またちょっとだけ借りてきたんだけど。
自分、Robert Downey Jr.、ちょっと好きなんですよね。
ドラマ『Ally McBeal』でアリーの恋人役として出てきたときに、めっちゃ雰囲気かっこいい!て彼の存在を知ったんですが(どうもドラマの撮影中に現実世界で薬物違法で逮捕されて役が続けられなくなったらしく、恋人がシーズン中に突如失踪するっていう結構不自然な展開になった)、偶然Iron Manの映画で再会したんですよ。だいぶ歳とってたけどやっぱかっこいいままだった!
で、その彼が数年前に出た『シャーロック・ホームズ』の映画に出てるてのは知ってたんだけれども、今まで見たことなかった。
それを今日見つけて、「あ!」て思って借りたんだけれども、見始めてから
「そういえば...この映画たしか大コケしたよね...?」
てのを思い出して......。
まあ、大コケってのは多少納得いく感じがしました。
そんなに悪くはない、けど、不完全燃焼で終わる映画って基本的にあまり好きじゃないんですよね。
にしても、ほんとアメリカ人てブリティッシュ・アクセントとか他国の英語アクセント、上手に話すなー!て改めて感心した。


ちなみに、今一番気になってる新作映画は『Avengers』。
絶対見に行かないしDVD出ても見ないと思うけど...。
てことは単にRobertがかっこいいって気になってるだけなんだと思います。
ちなみにちなみに、くだらない映画を見たい方はぜひ『Good Burger』を。
個人的には好き。日本だと間違いなく見つからないと思います笑

*Aveger予告編
http://www.youtube.com/watch?v=eOrNdBpGMv8

*Good Burger予告編
http://www.youtube.com/watch?v=OC4wM0Hes2Q&feature=related
【2012/04/26 21:19 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トライアウト
昨日言ってたCramerさんのタダご飯...じゃなくてパーティ、結局行かなかった。
だって運転したくなかったんだもん...。
ボスも「行かなくてもいいよ」って言ってたもん......。

ええ、引きこもりです。


帰宅したら、見たことのある文字の封筒が。
オマハで三年間一緒に暮らした、シェリーからだった!
自分が引っ越してからいつもクリスマスや誕生日など、カードは送っていたのだけれども、返事もなく、話したのも引越し直後に電話したきりで、ちょっと心配してたんだけど。
これまでどのアメリカ人からもらったカードの中で、一番長いカードでした。(ちなみにお誕生日カードでした)
まず覚えてたなんて、びっくり!
うれしかった。どうもありがとう。
今度電話しなきゃな。



で。
ちょっと前から話してる例のネイティブアメリカン・女子ラクロスチームで働くという話。
(ちなみにメールで連絡をいただいたのは、チームのジェネラルマネージャーさんでした。)

とりあえず五月のトレーニングキャンプから働くことになりました。
で、それが自分の“トライアウト”ってことでいいかな?と聞かれたので、全く問題ありませんよって返事をした。
そこでそのジェネラルマネージャーさんやチームの幹部の方々と話すことに。まあそりゃ一度も会ったことのない人にチームをぽいって任せられないもんね、当然だと思う。
この話をまず自分に持ち出してくれたうちのラクロス部のヘッドコーチからは、六月の予定も聞いていたけれども、今連絡を取っている方からは五月以降の予定言われてないから、つまりそういうことなんだと思う。働き次第かな。

前にちらっと聞いた話だと、このチームはこれまでずっとアスレティック・トレーナーやそれに当たるポジションを持たなかったみたいで。
だから今ここで、自分が何をどこら辺まで求められているのかは正直少し微妙ではあるのだけれども、とにかく水分補給と怪我の応急処置ていう最低限のことだけしっかりやればいいのかなと思ってる。
ちなみにこのトレーニングキャンプは三日間のみで、一日三・四時間の練習をするのみ。(練習場はうちのフィールドだから慣れっこで楽。)
だからその三日間だけでどれだけできるかっていうのは、もちろんトライアウトする選手たちもそうだけど、自分もかなり頑張らないといけない。
別にここで「何かでかくアピールしよう!」なんてことは思ってないし、その後のことを正直あまり期待してもない。
でもせっかく何かしら期待をしてもらって、それでチャンスをもらえたのに、それを裏切りたくはない。
もし何らかのことでその後のキャンプ参加の話がなくなってしまったとしても、そこから学ぶことは絶対あると思うから、とにかくちゃんと自分らしい働きができればと思ってる。

て、「ばばーん」て感じで言いましたけど...。
正直自分、人見知りって言うか、初対面でしゃきしゃきやるの苦手。
うちのスタッフがみんなおしゃべり上手だから(これは遠征時でいろんな人見てきてほんとに感じる!)、余計に自分引け目を感じるんかもだけれども、なんかアメリカ人みたいにはまだできない。て少なくとも自分は感じる。
でも、去年のワールドジュニア(ホッケーの世界選手権)やらカンファレンス決勝戦で見知らぬ選手たちをホストしたこと、そして去年から試合が増えていろんな人と話してきたのが、そんな自分にとっていい練習になった!
だからきっと...
なんとかなるはず......。(もじもじ)
頑張れ自分。


このチャンスをくれたうちのヘッドコーチとこのチームの少しでも助けになれるよう、しっかりと働かせてもらいます。
【2012/04/24 22:44 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
誕生日でした。
まずは最愛の双子の片割れひんたん、誕生日おめでとう!
生まれたときから一緒にお祝いできるひんたんがいるから、自分の誕生日はとても特別。
そしてひんたんと自分を一緒に生んで、これまで育ててくれた両親に、改めて感謝です。
いろいろと迷惑かけたときもあったし、今もまああまりちゃんとしてないから心配ばかりかけているけれども、そのおかげで(?笑)娘たちは幸せです。
本当に本当にどうもありがとう。

異常気象で、人生初、誕生日に雪現象(みぞれだったかなあれ...)を体験した。
てかすこぶる寒かった。氷点下って。
そんな中、友人や一緒に働いてるスタッフ、コーチ、そして選手たちにもたくさんおめでとう!てメッセージをもらって、とても嬉しかったです。ありがとー
でふつーに仕事して、家に帰ってからは一人でコーヒー飲みながらDVD見てた。
したらシヴォンが電話くれて。わわわーうれしい!
何してるの?て聞かれたから、一人でDVD見てるのって言ったら、
「ちょっともー、だめだよ!外に出なさい!笑」て言われた。ははは
で今また雪降ってきて。吹雪注意報まだまだ出てますけど...
まあそんな感じでのんびり過ごしました。
Blood Diamondがいい映画だってのが分かったのでよかった。


ランダムだけど。

先日のホッケー部の晩餐会での一枚。
選手たち(と女子ホッケー見てたデイブ)と。
 主に下級生たち。

そしていつも飲みに連れてってくれてる(笑)コーチ陣と。
 (シヴォンは来られなかった。残念)

ちなみに、自分がインターンしてたときのヘッドコーチは、よく見えない裏事情で昨シーズンの始まる前に辞めてしまったんだけれども。
その裏事情でいまだに彼のことをよく言わない人もいるんだけれども、自分とか、彼を知ってる・好いてた人はその裏事情信じてない。
てまあそれはどうでもいいんだけれども、とりあえず彼にまた会いたいなとずっと思ってる。
この晩餐会で見たビデオに彼のインタビューもあって、そこで改めていろんなことを思い出して、寂しくなりました。
今も元気にしてるといいな。

それと、先日話していたネイティブアメリカンのラクロスチームで働くって話。
働けることになった。かも。しかもちょっとお小遣いまでいただけるかも、てことに。(これにはいろいろ事情があるんだけど、まあ後で)
ちょっと気になってたliabilityの件も解決されるっぽい。安心。
でさっきチームのコーチさんから、今週末に練習があるから見に来ますか?てメールが来てた。そこでチームの代表者さんとちょっと話しましょうみたいな。
ぬ。てことはまだ自分確定ではないのか?まあそのうちわかるから、今は気にしないでいっか...。(←適当)
今週末またサッカーの試合があるから、とりあえず練習の時間とか詳しい話を聞いてみて、行けたらいいなと思ってる。


明日は仕事の後、アスレティックトレーニング備品でおなじみ・Cramerさん(クレーマーさんて日米でアスレティックトレーナーのお友達ですよね?)主催の毎年恒例なんとかパーティに行ってくる...かも。
迷い中です。
こんな感じで今週も始まりました。
【2012/04/24 00:11 】
| 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) |
ご無沙汰してましたが
熱出してました。(計ってないけど)
先週末、土曜日辺りから変な感じはしてたんだけれども。
土日のトーナメントを終えてオフだった月曜日も、単に疲れているだけかと思ってたんだけれども。
熱なんて滅多に出ないんだけど。珍しい。

風邪と適当に言ってたけれども、症状は主に熱っぽい感じとのどのがらがら、ついでに鼻の奥と頭が痛かっただけ。infectionぽい症状は特別なかったので、アレルギーかなと思ってるんだけど。
月曜の夜から自分の「うーんうーん」てうなる声で起こされまくり、いやー、久々にとにかく自分のことって言うか、良くなることに必死になりました。ははは
昨日ようやっと、スタッフの冗談に付き合えるほどにまでよくなって(笑)、今日はもう(声以外)ぴんぴん。
それで今日は元気に、今年で廃部になってしまった女子ホッケー部の晩餐会に行くことができた。
楽しかったけど、やっぱ寂しいとか残念とかいう気持ちも改めて出てきて、なんかちょっと切なかったです。
まあ。
明日また(10度前後の気温でさらに雨の中)サッカーのトーナメントホストしなきゃなので、その話はまた後で。


てか。
その晩餐会で久々に会った四年生の選手に、ネットで彼女の名前を検索すると、去年自分が帯同したボストン遠征で彼女が怪我した際にリンクに出てった自分の写真が出てくるから見てみて、て言われ。
帰宅して探してみたら出てきた。



うわー
懐かしい!
これが去年唯一の、そして自分にとって最後のホッケーだったんだよね。

いつかまた、このプログラムが学校に戻ってきて来る日がくるといいな。
【2012/04/20 23:03 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ