追加。
ずっとしようしようと思っていながら忘れていました。
リンクを追加しました!お友達のまりえちゃんのブログです。

『一笑青春☆一生少年宣言!』http://ameblo.jp/jaws14/

まりえちゃんは早稲田の同期で、学部が違ったために学生時代は全く面識もなかったし名前さえ知らなかったんですが、二年前だかのNATA(National Athletic Trainers' Association:全米アスレティックトレーナー協会)総会の最中、JATO(Japan Athletic Trainers' Organization:日本アスレティックトレーナー機構)総会で他の早稲田組・先生方とわいわいしているときに運命の出会いを果たしました。
日本人ATC仲間の彼女は、数日前に日本完全帰国をし、現在たぶん元気に日本プロバスケリーグ・bjリーグの埼玉ブロンコスにて活動を始めていることと思います。ていうか、ほんと元気でいててほしいという願望だけど...(まりえちゃーん)
まりえちゃんが帰る直前にブログのことを教えてもらったんだけれども、そのタイトルで「一生少年」てのを見て、ああこれほどまりえちゃんを現すのにぴったりな形容詞はないな!て勝手にめっちゃ感心してしまいました。
趣味の幅の広さと、なんにでも熱いところとか(あと九州人らしく酒豪なところも)、ほんとにうらやましくなります。かわゆい。

自分のブログを誰が見てるのか分かりませんが、もしアメリカの大学でアスレティックトレーニングを学びたくて留学を考えている学生の方がいましたら、どうぞのぞいてみてください。
彼女面倒見がすごくいいので、連絡を取ってみてもいいんじゃないかなー。(とか言ってコメントとか炎上しちゃったらごめんねまりえちゃん)
【2012/07/31 22:56 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプとサッカーの余計な話
今週は月曜から金曜まで、一日中バスケのキャンプで働いています。
...そしてそれが終わってから、おなかがそんなに空いていなくて頑張れそうな時はオフィスに戻って仕事をしようと決めています。(思い切り余談)
うちの大学がホストするキャンプは大体小さい子供〜高校生くらいまでの子供向けキャンプばかりだし、オマハでもカバーしたのは子供向けキャンプが多かったけど、正直キャンプは『子供の世話を見る』ためにいるような感じがいつもしてる。もちろんそんな中でも、自分一番緊急時の対応をするためにいるんだから準備しておかなきゃっていうことは一応常に頭の中にはあるんですが...。幸い今までのところ平和にきてます。
小さいお子さん、特に女の子を持つお母様方には、「女性のスタッフが(子供が困ったときの)面倒見てくれるなんて、ほんとよかった!」て言われるし、ザ・がきんちょと呼ぶに相応しいような男の子とかは、なんかめっちゃ小さい理由で来て隣に一緒にいたがったりしてくる。(普段小さい子には懐かれないんだけど自分...。選択肢のなさって奇跡を起こすよね)
小学校中学年くらいの「俺は赤ちゃんじゃないんだぞ!」みたいな年頃の男の子とかはもう、自分のところに来ても「男なんだからできるっしょ、ね!」てポンって背中叩いたら、「うん!」て言ってぱーっとプレーに戻って行くし。
かわいい。
あー、うちの選手もこんなんだったらなあー...。(ぽわー)
歳を重ねるといろいろ複雑になってゆくのですよね。ああ怖い


今日はなでしこジャパンのオリンピック予選最終戦だったので、先日手に入れた(※お母さんありがとう!)なでしこジャパンのユニフォーム...の公式レプリカTシャツを着てキャンプ働いてた。ところでユニフォームとの違いはなんでしょう...。
で。
うーん、ちょっと目立つかなあ
とか思ってたんだけれども、ほんとコーチも手伝ってる選手や学生たちもみんな、素通り。
うちの元体育局長さん(:諸々の片付け・後処理があるのでまだいる)とボスには、「おっ、なんだ今日は日本仕様なのか!」と言われ。
たまたまぷらっと現れた自分のサッカー部のコーチも「おいおい、日本のサッカーチームのシャツなのこれ?!めっちゃいいじゃん!すごくいいよ!」と褒めてくれたんだけれども。
...それだけでした。いいんだけれども。
結局引き分けでしたね。なんかそういう作戦だったらしいですが、まあ別に最後優勝してくれれば自分はどうでもいいな。

日本に初金メダルが出て(わー!やっとだ、おめでとう!!)、体操チームも後味悪い感じながらメダルを獲得してくれたし、今は出場国の中ではメダル獲得数三位みたい。
一位の中国、二位のアメリカとはかなーりの差があるけど、このまま頑張ってほしいです。
てか、体操では抗議のためにお金を払わなくてはならないということを、アメリカのヤフーニュースで『日本体操チームが抗議する際に現金渡してるのをみんな見ましたか?』ていう記事で取り上げられていて知りました。
プラス、体操の競技って、全部かよく知らんけど決勝に出る人数が各国二人(だっけ?)て決まっているから、「この制度を失くしたらアメリカが全メダル取れるのに!オリンピックの三位は『世界の三位』ではないですよね」ていうようなこともニュースで話されていて、ちょっと納得した。アメリカの体操のレベルは高い。
日本では北島選手、福原選手、内村選手がちょっと不調っぽいし、アメリカでは体操の金メダル候補と言われていたジョーディン(とかいうファーストネームだった)選手や、このオリンピックで引退宣言をしていたフェルプス選手が不調だし、ドリームチームの再来とか言われていたバスケも結構微妙だったしで、なんかどこもかしこも大変みたいですね。
「今回全然注目してなかったけどメダル獲得!」なんていう大活躍をしている選手たちもたくさんいるんだけれども。
こんな『スポーツ大好きに見えない自分』でさえも、やっぱオリンピック見始めちゃうと止められない。
...ので、極力見てません。(ちらっ)

※↑こういう自分のありえなさ加減をうまく表してくれる四字熟語ありましたよね何か


そんな代わりに。
先週末から今日まで、先日借りた『Crazy, Stupid, Love』を何度も見まくってました。もう明日返しちゃうけど。
もうほぼ覚えるくらい観たので、好きなシーン以外気にならないから勉強中のBGMにちょうどよかったです。(合間に視覚的にもリラクゼーション効果を得られるし)
ちなみに日本での邦題は『ラブ・アゲイン』らしい。物語の全体を見たらあまりしっくりこない気がする、個人的には。
この主演はSteve Carell、アメリカの人気テレビ番組(ドラマ?)『The Office』の主役をずっと演じてきた役者さんですが、去年か一昨年に「映画でのキャリアに専念したい」ということで突然主役なのにいなくなったんですよね。番組自体はまだ続いているけれども。
これは当時自分も周りも結構驚いてたんだけれども、たしかにそれ以降、めっちゃいっぱい映画に出てる。
テレビでも映画でも割とクレイジーな役を演じていることが多いから、これまで彼の出ている作品てあまり好きではなかったけれども、この映画は結構よかった。しつこいけどEmma Stonesの演じてる役がすっごくかわいい、ていうか魅力的すぎる。
今回の一人DVD祭を終えて、今回は借りなかったけれども先日テレビで観て「やっぱり名作だよね!」と思った『Remember the Titans(:タイタンズを忘れない)』と、「観たら絶対映画丸々泣いちゃう(...から観ない!)」てことで結局一度しか観なかった『Lars and the Real Girl(:ラースと、その彼女)』のDVDをアマゾンで注文してしまった。勢いとしか言いようがない。
泣く映画といえば、例の『The Notebook(:君に読む物語)』もそうなんですが、これも好きな作品だし一応ハッピーエンドのような形で終わるんだけれども、その終わるまでがあまりにも辛すぎるので今回は手を出しませんでした。観られる自信がない。
そのうち『Crazy,〜』も買っちゃいそうな気がします。


...いつも通り余談で長くなりましたね。おやすみなさい。
【2012/07/31 22:34 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
オリンピックと久々DVD話
今アメリカではロンドンオリンピックの体操競技が放送されているんですが、ブルガリアの39歳の選手を見てびっくりした。
女性は絶対的に若年層メインな体操競技、男性の方はどうだかよく知らないけれども、それでも39歳てのはすごいと思う。初めてオリンピックに出たのは92年だと言ってた。自分ら小学校の時だよそれ...。


さて。
久々にDVD三昧しました。オリンピックも見てるという贅沢。
早いものでもう二週間しないうちに怒涛のシーズン(→三月までノンストップ、みたいな)が始まるので、それまでに見たいと思っていたDVDは見ておかなきゃ!(→じゃないとなんかずっと気になったままでフラストレーションになりそう、みたいな)、て思って。
探していた作品が全部それほど話題になった映画でもないよなあと思っていたから、正直望みは薄かったのだけれども、奇跡的に近所の小さいレンタルビデオ店で全部見つかった。
わわわ!!!(大興奮)

今回借りてきたのは、

・Blue Valentine
・Lars and the Real Girl
・The Idem of March
・Crazy Stupid Love
・Murder by Numbers

...ちなみに、全部ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)主演の作品。さらにこれ見るの二度目かもみたいな作品もちらほら。(だってかっこいいんだもん顔長い気はするけど)
彼の代表作として知られているのは「Remember Titans(邦題:タイタンズを忘れない)」と「The Notebook(邦題:君に読む物語)」だと思うんですが、両方すごくいい作品だけれども、The Notebookは描かれている純粋さが辛すぎてもう二度と見られないと思う...ので今回はパス。
自分物語を最後から読みたくなってしまう性格で、そしてまさか近所で見つかると思ってなかったから事前にネタバレ読みまくってたから、全部なんとなくのあらすじは知ってたりしてたんだけれども、それでもめっちゃ楽しみました。
それでは短い感想を。

「Blue Valentine」
ネット上でも、『ありふれた夫婦の生活を描いた作品』とか書かれていたけれども、ほんとにそうだった。なんか夫婦間が次第にぎくしゃくして最後離婚、みたいな。(アメリカっぽい...ていうのは固定観念ですかね?ごめんアメリカ。)
ヒロインが微妙すぎるのとストーリーが暗くて、結構見た後気が落ちました。

「Lars and the Real Girl」
これは数年前の作品だけれども当時は日本の女性雑誌でも話題になってたっぽい。思った以上にいい映画だった!(※でももしかしたらこれは自分がGoslingフリーク(フリークじゃないけど!)だからかもとも思うので特別お薦めはしないけれども)
両親を失ってから引きこもりがちな主人公が、等身大の女性の人形を本物の彼女として連れてくるところから始まるのだけれども、彼の純粋さと少しずつ変わっていく様子、その彼と“彼女”の周りの人々・コミュニティの温かさに感動しまくって、序盤からずっと号泣してました。かわいい映画です。

「The Idem of March」
これは今年もう一度ヒットしてもいいんじゃないかと思うんだけれども。大統領選挙をバックにした作品。
これは日本に帰る飛行機の中で一度見たんだけれども、アメリカの政治とか選挙とかが全く分からない自分は微妙に物語が読めなくて。
だから今回字幕つきで見てみたんだけれども、やっぱ前回よかよく物語の全体をつかむことが出来ました。ストーリー自体はなんかどろどろしてる感じで疲れるのだが、ジョージ・クルーニーもかっこいいし視覚的にはとてもおいしい作品。

「Crazy Stupid Love」
これも飛行機の中で一度見たんだけれども、いわゆる遊び人役なライアンがこれまたかっこいい。そして彼の相手役であるエマ・ストーン(Emma Stone)がすごくいい!役なのは承知だけれども素敵。
ああいうカップルいいなあ!ていうのを見たいだけに、今回借りてきた。もちろんライアンのイケメン振りを見たかったのはあるけど。

「Murder by Numbers」
これは前から『ライアン・ゴズリングがヒットした初めての作品』とかなんとかで知ってたんだけれども、なんか、「へー」、でした。
二人の高校生が完全犯罪を成功させかけるんだけれども、結局最後にぼろが出ちゃう、みたいなストーリーです。
この映画売れたのかな...。主人公のサンドラ・ブロック(Sandra Bullock)がいらない、ていうレビューをいくつか事前に見てたんけれども、たしかにちょっと「別な人だったらよかったのに」とは思う。



てことで、おなかいっぱいです。
明日は頑張って早起きして、朝九時半からのオリンピック男子バスケ、アメリカ対フランスを見ます!ドリームチーム!!!(←単にミーハー)
【2012/07/29 00:58 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
変化
今朝うちのボスがそわそわしながら自分たちのオフィスに入ってきて、
「うちら(体育局)のホームページ見たか?!あ、まだ出てないかな」
...へ?
なんでだろ?このオフシーズンなさなかに何かあったっけ、体育局とかチーム関係で。
てほけっとしていた自分の隣で、はっと何かに勘付いたスタッフが
「なに、また誰か(辞めて)出てくの?」
!!
お、おお、そういう感じだったのね今のボスの言動!(すごいなスタッフ、さすが!!)
したらホームページを開いていたボスが、「ああまだ出てないか。そうそう...体育局長が出て行くんだって」

えええ!!!!!


突然いなくなると聞いて自分もスタッフも驚いたけれども、それよか彼(うちらの「元・」体育局長さん)が行く先がVCUだと聞いてもっとびっくり。昨日個人的に直接電話をもらって聞いたといううちのボスも、びっくりしたって言ってた。
Virginia Commonwealth Universityは去年男子バスケ部がNCAAトーナメントに出場してる、(もちろん)うちよりでかいカンファレンスに所属するDivision Iの学校。だから間違いなく彼に取っては出世だったはず。彼バスケ好きだったから最高と言ってもいいかも。
前にいたVCUの体育局長さんはどうしたんだろうと思ったら、彼はミネソタ大学(University of Minnesota)の体育局長さんになってた。こちらも多分こちらも出世というか昇格したと言っていいと思う。なんてったってBIG10カンファレンスだし...。
とりあえず、へえー!!!

これまでとてもよくしてもらってきたし(※だから自分他のコーチや職員の人たちからもちやほやされてたという部分があると思う)、今の就労ビザを取れたのも、うちのボスだけでなく彼が弁護士さんとの間で自分を推してくれたりお金のことも助けてくれたからだし、本当に感謝しきれない。
もうプレシーズン始まるよ!ていうこのタイミングで、予算のこととかpolicy & procedure改定云々が終わってないまま体育局長さんが「不在」になるのは、自分たちを含めて体育局全体の運営面を考えたときにすごく不安だけれども、今回の移動・新しいポジションは彼にとって本当にいいことだったと思うからおめでとうと思う。
とりあえず、これでVCUにコネが出来ました。(現アシスタントのスタッフ全員女の人だから、誰か抜けたら性別的には有利だな自分。とかいらない妄想してみる)
あー、とにもかくにも、自分らの次の体育局長さんが早く決まるといいんだけれども。
「ボスがやればいいんだよ!昇格だ!(※彼は現体育局長補佐(Asst. AD))」て冗談でスタッフと自分が盛り上げたら、彼はうっうっと泣き出しました。(もちろん演技)

去年もそうだったけれども、毎年多くの人が出て行く。
もちろんそれと一緒に、多くの新しいスタッフとの出会いがあるんだけれども。
自分もその中の一人だったんだな。
今年もコーチたちや大好きな人たちが去って行ったけれども、それでがっかりし続けてちゃいけないし、そういう人たちと一緒に働けてよかったなと思って自分も前に進まなきゃな。


で。
今日は夜のホッケーのキャンプ中、「ちょっと...」とか言って鼻血たらたらの子がきた。
その子はフルケージ(:ホッケーのヘルメットに付いている、顔全体を覆う格子のフェイスガード。NCAAではフルケージが規定されているけれども、NHLでは額から鼻辺りまでのみを覆うプラスチックのアイシールドだけを着用する選手が多い)だったから、パックが当たったとかありえないし、そのときの練習もノンコンタクトだったからどうしたのかと思ったら、「ちょっと、興奮しすぎちゃったっぽい...」。
ちょっとおかしくて一緒に笑っちゃったけれども、興奮しすぎで鼻血とか、久々にそんなん見たわ。
一応いくつか質問して何も気になることがなかったから、「じゃあちょっと心地悪いけれども鼻に詰め物しておこうね」てノーズプラグ(:鼻に詰める用の円柱型をした小さいコットン)を入れさせて練習に戻したら、次の給水の時にぱーって戻ってきて、
「は、鼻にプラグが詰まって取れないっす...」とよたよた。
いつも女の子と子供たちと働くことが多いから、つい持ってた短めのプラグ渡したけれども、そういえば男子サッカーの選手が鼻血出してパニクってたとき(※去年のスプリングサッカーで、自分が試合をカバーするといつも同じ選手が鼻血出してた)は、ノーズプラグ二つ一気に入れさせたなっていうのを思い出した。男の子は鼻も大きいんだなあ。(辺に感心)
そんな火曜日でした。


あ!
そうそう、昨日バスケの試合用の靴を買った。やったー
これまで二年間、正装での試合の際に履いていたのは$10で買ったパンプスだったのですが、昨シーズンの末辺りからいよいよちょっとかわいそうな感じになってきて。
それからずっと探していたのだがなかなか同じようなのが見つからずにいたんだけれども(ピッキーで優柔不断な自分)、昨日たまたまメーリングリストで送られてきたのを見てたら「これはいいかも」ていうのを見つけて。
60%オフになってたし、ちょうど$10オフ券を持っていたから買ってみた。靴、$20にレベルアップ。
ちゃんと想像通りだといいなあー。アメリカは返品できるのがいいよねえ。これ買ったのはオンラインだけれども、最寄のモールに店が入ってるから返品楽だし。
して!
今日は新しいカーキパンツ買った。仕事着ですが。わーい
カーキパンツが自分の持ってる服の中で一番高いかも、ていう現状はいかがなものかと思うが...。カーキって安くならないんだよね意外に。
いつも最寄のモール(アウトレットモール)に入ってるGAPで買うんだけれども、今日別な用事で行ったモールで寄ってみたら、たまたまカーキ50%オフで。
さらにクーポン持って行ったから、65%オフで買えた。やったーやったー。
来週もまたキャンプ続くから(今度はまたバスケキャンプ)、また臨時収入入るけど、大事に使おう。
【2012/07/24 22:42 】
| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
またね!
日曜日。
朝Babinski Testで起こされ、それから朝ご飯を食べに行きつつうちの大学の施設を十分ほどでぱっと見に行き。
それではっしーはコネチカットへ帰っていきました。

いる間くだらない話から仕事の話、スキルアップの話とかもして、今後こういうことしたいな!ていうアイデアももらったし、仕事に関するモチベーションも上がった。
正直これまで、自分普段(なんでかわからんけど)ちやほやされながらぬくぬくのほほんと仕事してるよね、とはうすうす思っていたけれども、今回会っていろんな話をして、改めて「いや自分もっと頑張れるよね!」て思いました。新たなシーズンを迎える直前って言う、このタイミングで会えてよかったかも。
あとは初めてちゃんと観光できたり、珍しくいっぱい外食したりして楽しかったな。
来てくれてありがとうね!


今日は洗濯とかご飯作りして。
明日からの一週間は通常勤務と夜にホッケーキャンプ第二弾。
その翌週はバスケのキャンプがあるとかないとか...。(いや絶対あるんだけど...そして多分自分なんだけど。)

自分のシーズン(:サッカー&バスケで八月〜三月まで)が始まるまで、あと二週間ちょい。
その間にシヴォンに会いに行きたいし、高野夫妻とご飯もしたいし(←予定も聞かずに言ってる完璧な妄想)、自分自身ももっと勉強とかしたいし、戻ってくる選手のリハビリプランも立て始めなきゃだし。
いつもは「休み=引きこもりでぐうたら」な自分だけれども、この夏はとりあえず楽しいこと盛りだくさんしたな。家族や友達のおかげだなほんと。
本格的に休みがなくなる前に、ほどほどにぐうたらしつつ、もうちょい活発モードを維持しようと思います。
【2012/07/22 12:43 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ