お久しぶりです
どうも。ご無沙汰してました。
生きてました。
この数週間ほんとーーーーーーにいろいろなことがあって、かなりやられてました。
が、なんとか峠を越えた気がします。てかあれが峠だったらよいのだが...これ以上あんな目にあうのは無理。
てことでちょっとほっとしてます。
まだまだ問題抱えてるけどだいぶマシ。ちょっと平和な時間も持てるようになってきた。

度々話を聞いてもらったり、相談に乗ってくれたボスやスタッフたちには、本当に心配かけまくってしまって。
それ以来何かと気を遣ってもらってて、なんだかもう、非常に申し訳なく思う毎日...。
そういうことになってしまっていたのは、いつもの長時間労働が原因だったわけではないから、
今いろんなことが落ち着いてきて「もう大丈夫です」て言うのは本心からなのだけれども、
それがなかなか周りに伝わらなくなってしまって、去年みたいなオーバーワークを絶対にさせてもらえないのではないかと、変なひやひやを抱えている。
とにもかくにも、これまでの三週間でだいぶ多くのことを経験しました。あまりありがたくないんだけど...。
よくない事態が起きたときには何が出来るか・できたか、自分がどうしたらいいか・よかったか、いろいろと考えさせられたし、今思い返して後悔と言うか思うところも多々ある。
全部ひっくるめて、今後の糧にします。


で。話は変わるけれども。
今日、UNOの同級生の天子が、秋にうちの大学に男子バスケの試合で来ることになったって知らされた!
夏にセントルイスで会った時に「もしかしたら行くかも(てコーチに言われた)」とは聞いていたのだが、どうも確定したらしい。
日にちは決まっていないのだが(うちがホストするトーナメントに来るのだけれども、ホストであるうちでさえ日程が未定状態という...)、来ると思われる時期は自分ホーム戦続きだから、恐らく会えると思う。
わーい!楽しみ!!
アラバマ州からバス移動でやってくる彼はかなり楽しみではないと思うが。すごいな。


今週から遠征が入ってきて、毎週末二試合、シーズン本格化。
そして来週からいよいよセメスターが始まります。
【2012/08/28 23:26 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
一週間経って
どうも。
お久しぶりです。
プレシーズンが始まって一週間くらい経ちましたかね。
とりあえずもう曜日感覚とかいろいろなくなっているんで、いつ何があったかとかあまり覚えていないんですが...。
てか今日金曜日だったんですね?昨日木曜日は「金曜日」だと思ってて、今日はてっきり「日曜日」だと思ってました。


昨日事件があって。
プレシーズンの練習とかを淡々とこなしてきたつもりだったのだが、一昨日、ここでの仕事を始めて初めて「バーンアウト寸前かも」と本気で危機を感じるという経験をした。
それで「ちょっとこれはボスと話してなんとかしなきゃな」と思いながら出勤した昨日。
そういう状態で朝練を終えて、「これでトリートメントしたらボスに話に行けて、なんか道が見つかるかも」と半ばほっとしかけた瞬間、
ぷらっと現れた選手からの伝言で、コーチが勝手なことをもくろんで、自分が『そんなことしたら自分17時間食事無しで働かなきゃじゃん』という状況にされかけていることを知り、
その途端にプツンと本気で切れました。

...。

で、
「ありえん!(※英語表記できない)」と言いながら、
手に持っていたトリートメントで使ってた棒を床に投げつけ、
それを(無意識で)拾って、手に“武器”を持ったまま、
コーチのオフィスにずんずん押しかけ、
「勝手なことしないでください!(※英語表記できない)」てどなりこみ、

......。
それから静かに20分ほど話し合い、問題を解決、また元通りの仲になりました。
それでちょっとすっきりしました。
その直後からの仕事はとても穏やかでした。
多分自分自身がブレーキングポイントを垣間見て、自分の、見かけとか予想とかでなくて、本当のキャパシティを知って、それを認める機会になったって言うのも大きかったと思う。


.........。

いやー...。

今思うと本当に滑稽で仕方ないし(武器を持って、とか...。)、その切れた瞬間の光景を目の当たりにした選手たちは「超うけた!」と大喜びしてるし(恥ずかしい...。)、その後すっきりしたけど自分のしでかしたことに関してなんかどうしていいのか分からず、一部始終を話しに行ったうちのスタッフたちとボスには「まじか!」と大笑いされるしだったんですが...なんかほんと、しでかしました...。
長時間労働は普段からのことで慣れてるけれども、今年のプレシーズンは理不尽と言うか意味もない長時間労働に感じる部分が多く、数日前からどうしたらいいのか悩んでた。
(正直、自分やスタッフたちは、問題が増えているのは選手のコンディショニング不足だと思っている。それで「これ以上けが人は増やせない」とか言ってコンディショニングはキャンセルされるわ、「痛みが少しでもあるなら練習は参加させない」とか言われるわなんだで...全く何もよくならないと言う悪循環にはまっており、それに振り回されている感がどうしても否めない。)

うちのコーチが直前にスケジュールを変えたり、勝手にうちらの仕事を増やしたりなんていうのは、正直日常茶飯事なんですが。(ていうかどこにでもある話)
これまでボスやうちのスタッフが「勝手なことばっかりするな!」てぶーぶー言ってきたにも関わらず、一行に改善しなかったその適当事情、今回の一件でなんか良くなりました。ちゃんと事前に相談してくれるようになった。
よかった。

今日は今シーズン初めての練習試合があって、格下相手だったからけが人以外一年生含めた全員がプレーして、なかなかいいプレーも見られた。キャプテン翼シュート(:オーバーヘッドキック、だっけ?)とか。
練習試合とはいえ、一年生たちにとっては大学に入ってはじめての試合。選手交代で入る前に、「緊張しちゃう!」とか言いながら自分のところに寄って来て、めっちゃかわいかった。なでなで
あと数日でシーズンオープナーの公式戦が始まるからと言うこともあり、練習も一部練になる予定だし(それなら余った時間使って走り込みとかすりゃいい、とか言いたい)、プレシーズンの峠は越えた感じ。
とりあえず、今とても穏やかな気持ちでいられるのがほっとしてる。
ボスとかには(インターン時代から「バーンアウトしそうだから」と言われていたのに)、今回のことでさらに心配かけたかもだから、ちょっと今後自分が平気だと言うことをどうしたら伝えられるだろうとかおろおろしてる...。
選手がかわいすぎて、だからますますモチベーションだけは上がってしまうのだが...。(典型的な燃え尽き症候群の例)

ま。
なるようになるでしょう。
明日は五時間勤務で終わり。
実質一日オフなんて日がない自分にはオフみたいなもんです。朝七時に起きればいいとか奇跡。
洗濯とご飯作りしなきゃ。わーいわーい



説得力ないけど、今は平和に楽しく生活してるので、ほんと心配とかしないでください...。(おろおろ)
【2012/08/18 00:19 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
三日過ぎた
どうも。
プレシーズン真っ盛りです。
自分の担当の女子サッカー部は、新入生と転入生の選手が14人。チームの半分以上を占めてる。
だもんで顔と名前を覚えるのが苦手な自分は、いまだにおやおやしてます...二人微妙なのがいるのよね、似てもいないのに。(すまんベイビーズ...)
あと去年手術したりずっと抱えてる怪我を持ち込んでくる子が多くて(てかチームの半分以上だから多く感じるだけだと思うけど。怪我を持ち込むというのは、奨学金制度・医療保障制度(?)のあるアメリカ大学スポーツにはよくある話だと思う。練習等での怪我は学校が保障してくれるから)、それもおやおやしてます。

上級生たちはサッカー楽しむのに精一杯。
去年の一年生たちがお姉さんになってる姿はとても頼もしいし、ちょっと感動するくらい。
入りたての子たちがなんでも一生懸命してる姿はとてもかわいい。
コーチたちとは毎日ぶーぶー文句と冗談言い合いながら、適当にぷらぷらしてます。笑
毎日朝から晩まで働いて、疲れたとか思うし「勘弁してくれよ!」て言いたくなることもたまーーーーに(たまーに...)あるけれども、やっぱり選手たち見ててかわいくてきゅんきゅんしちゃうと、頑張らなきゃって思う。
あとは、春サッカーに比べたら、どんなことでもましだと思えるようになった...。(はあ......。)
このプレシーズンが恐らく、自分一年の中で一番インシェイプになる時期だと思う。なんかワークアウトしてる感じがいつもしてるだけなんだけれども。(※錯覚)
体重増えるかな。減りそうだな去年みたいに。


今日明日は唯一、朝練と午後練のみ、朝から夕方までぶっつづけで働いたら帰宅できる“good days”なので、思わず浮かれて久々に家でパソコン開けました。わっくわっく
明日も朝早いんで寝ます。
それではおやすみなさい。
【2012/08/12 21:21 】
| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
嵐の前の静けさ。
夏休みを除いて毎月開かれる、体育局全職員早朝ミーティングが戻ってきました。
みんなでぶーぶー言いながらミーティングに行き、話を聞いて帰ってきて。
ぽつぽつ仕事をしてたら、うちのボスが「自分ご飯持ってきてないから、みんなで外に食べに行こう」。

てことで、(ホッケーのキャンプにいたスタッフを除いて)みんなでお昼に行った。
うちの近所、ナイアガラ川のほとりにある自分のお気に入りのレストランに行って、そよそよ流れる川を眺めながら「嵐の前の静けさだねえ...」とテラスでいろいろおしゃべりしてて。(うちのボスは屋外が好きで、さらに日本の夏みたいな蒸し暑い夏を好む珍しいアメリカ人)
でお料理が来ていざ食べ始めようとしたら、ほんとに嵐が来て。
これまでの青空が急転、突然ざーっと雷雨に見舞われ。
ウエイトレスさんに「中に行きますか?」て何度も聞かれて、はじめは「いやいや大丈夫ですよ」と言って居座ってた自分たちだったんだけれども、激しさがどんどん増してうわー!て感じになったので、いよいよ店内に避難。
で、よし食べよう、としたら、今度はぱっと停電になり。
「これは雰囲気を出す何かの演出かな」とか冗談を言っていたら、今度は火災報知機がけたたましく鳴り出して。
......。(※←話してるけどお互いの声が聞こえてない)
仕方なく、報知器が収まるまで四人黙々とご飯食べました。
今日いつもと違うもの頼んだけど、ううーめっちゃおいしかったー。しあわせ。
みんなでボスにごちそうになりました。て、多分体育局からお金が後々下りるのだと思うが。とにかくごちそうさまでした。わーい


明日からいよいよ、プレシーズンが始まります。
うちの大学では明日から始まるのは男女サッカーとバレーボールの三チームだけなんだけれども(※カンファレンスによっても練習開始日は異なる)、男子サッカー部とバレー部は一日四部練とかするので、うちは、女子サッカー部をカバーする自分を除いたスタッフ四人全員で分担してカバーしています。
明日は全チーム新入生のフィジカルだけで、本格的な練習は金曜日から。
ただ、全選手が明日実家から学校に戻ってくるので、何か問題持ち込んできそうだし、とりあえず忙しくはなる。はず。
あー、いよいよかあ!! (て絶対明日も言いそう)
明日から最短11月まで、朝早起き生活になります。去年も層だったんだが、どうしても嫌いです早く起きるの...完璧夜型人間だから。
年明けからこの夏にかけて、これまで朝七時起床でも早いなーとか思っていたが、なんてことない、もう朝六時「出勤」の世界になるわけです。うえええ

今日コーチのところにひょこひょこ遊びに行って、「あのー、別にうちら、プレシーズンだからってつらーい練習なんてしないですよね?」て半ば冗談で言ったら、
「当たり前だ!もう一週間後には試合あるんだから、厳しい練習なんて出来ないよ、選手にばててもらっちゃ困るしね!」

......。

(にこっ) ←とりあえずほほえんでみた。


てことで、当時の四年生たちがシーズン中盤まで「もううちらケツで終わりだよ今シーズン」と投げ出しかけていた去年よりも、多分ひどい試合を見そうです今シーズン序盤。
ま、いいんだけれどもね。なるようになるでしょう。
選手たちがちゃんとチームとして試合してくれて(※この春のスプリングサッカーの時点ではチームが崩壊しかけていた)、怪我もなく毎日サッカー楽しんでくれて、唯一ライバル校・Canisius Collegeにだけ勝ってくれれば、もうそれで満足です。
このチームは来年いいチームになると思います。(遠い目)
余談ですが、自分のもうひとつの担当である女子バスケ部。こっちの方は、昨シーズンの感じとメンツを見る限りだと、正直今年は勝てるチームになる予感。
イコール、コーチからの圧力と言うか無理な注文が増えそうな予感がしています。昨シーズンコーチ陣とは個人的にはいい関係を築けたかなと思っているので、多分それほど問題は抱えないと思うけれども。

明日は自分のサッカー部の子たちとコーチと一緒に、オリンピック女子サッカーの決勝を観る予定。
もちろん朝からユニフォーム着て一日働いてやります。てか意外ともう馴染んじゃって、誰も何も言ってくれなくなりました...。
日本頑張ってほしいなー!
【2012/08/08 21:02 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
インサービス
プレシーズンの始まる前最後の週末が明けてしまった。
てことで、自分たちの夏も残すところあと三日となってしまいました。いやまあ「夏」ていうか、なんかもう全員生活ごったごたになるので、「自由よさようなら」て感じなんですが。
今日も一人でなでしこジャパンのユニフォーム着て試合経過をちらちら見てたんだけれども(仕事はちゃんとしてました。ええ。)、勝ちましたね!
して決勝はアメリカとの再戦という。わー。
自分ちょうど決勝の時間、自分の担当チームのフィジカルにいるんだけれども、絶対観よう。サッカー部の子たちもきっと観たかろう。うんうん
頑張ってほしいな!いい試合をして欲しい。

ところで。
先日書いたとおり、この『プレシーズンが始まるよ!』ていう直前のタイミングでうちの体育局長さんが去ることになり。
その後すぐに後釜が見つかるわけもなく(適当に決めてもらっても困るし)、自分たちのトップ不在なまま「どうするよこれ」ていう感じでみんな微妙な雰囲気でいるんですが、したら今日うちのボスが「(現在二人居る)副体育局長の一人もここを去るんだって」。
え!
......はあ。
ああ、なんか、まるでタイタニックだね。てみんなで言ってた。今回の件は本当に単なるタイミングだったみたいだけれども。
一番心配なのは、上部が去ることで後回しにされる仕事・書類云々が多々あるということ、そしてその影響を全部受けるうちのボス(彼はassitant athletic directorの一人として体育局の運営面ほぼ全体に関わっているので)。
自分たちはもうしばらく前から彼の疲れ具合にとっても心配でいるんですが(まだシーズン始まってないのに!)、実質そういう上部関連のことは何も手伝いできないので、うーん、とりあえず、どうにか早くいろいろ上のことも決まって欲しいです。


さて。
今夜はインサービス(in-service)がありました。
インサービスはスタッフが集まって、緊急時の対応やpolicy and procedure、その他自分たちの運営に関する諸々について話し合ったり確認しあうミーティング。
みんなでアメリカ対カナダの女子サッカー準決勝を見ながらお夕飯食べて、それから木曜から始まるプレシーズンのカベレージを確認。
ちなみに、他のチームから皮肉られるほど一番ゆるゆるスケジュールな女子サッカーは、自分一人で全部見ることになってる。だから一日もオフがないのだけれども(笑)、自分で選手見たいのもあるしコーチとの連絡も楽だからいいなと思う。
して、それからいろんなシナリオでの緊急時対応の手順、心配蘇生法とAEDのアップデート(※“ABC”がなかったら、レスキューブレスを飛ばして即CPRを始めるように変更されたのを初めて知りました。正直「レスキューブレスを先に入れてもあまり変わりはないと思うけど...」ていうのが自分たちの意見だったけれども。とにかく“何か”をすぐ始めることが最優先ということで)と復習・練習をして。
それからいつもバスケとホッケーの試合に立ち会ってくれる消防署・救急隊員のみなさんが来てくれて(でかい消防車と救急車が突然来たからびびったけど)、全員で緊急時対応時の手順を確認して、お互いに意見交換とか質問しあったりして。
いつも試合の時には“見て”いるけれども、正直こちらも試合前後に毎回あいさつに行ける時間がなく、だからこうやっていろいろ聞けたり話し合えたりする機会があってとてもよかった。
有意義な三時間のインサービスでした。

どの教科書でも、position statementなどでも言われているけれども、本来ならこういう形のインサービスが理想的。
どこのチーム・大学でもインサービス自体はやっていると思うけれども、どれだけのスタッフ(例えばアスレティックトレーナーだけでやるとか全コーチも含めるとか)を集めてやるかというのはまちまちだと思うし、今回うちがやったみたいに救急隊の全スタッフまで集まってやるのは実際難しいと思ってる。一般的に集める人数を増やしたら日程を合わせるのは難しくなるし、あとは向こうもうちも不定期なスケジュールで働いているからかと思うけれども。
現に、去年の夏もプレシーズンが始まる前に、「いつ消防署の人たちに来てもらってインサービスしようか」という話はしていたんですが、なかなか向こう側との都合が合わず。
で結局去年も、その前の年(ああでもその夏は自分がインターンで働き始めたのが八月だったし、もしかしたらその前にやってたのかも...)も、うちのインサービスは自分たちアスレティックトレーナーのみだった。
今年はうまいタイミングで連絡が取れて、こういう形でのインサービスを実施することが出来たみたい。
この機会で、さっきも言ったけど今まで少しあいまいだった部分がはっきりしたり、これまでなかなか伝える機会がなかった相手側への要望とかを知ることが出来て改善点もいくつか見つかった。
あと、お互いの顔や人なりをなんとなくでも知ることが出来て、今後コミュニケーション取りやすくなると思ったし、何よりお互いの役割に関しての具体的なexpectationを得ることが出来た。
幸いにも自分はこれまで緊急事態を抱えたことはないのだけれども、そういう事態が起きた際一番大切になるのは今日来てくれた救急隊の人たちとの連携だから、今回直接細かいところまでお互い確認できたことで、これまでよりも少し『準備』できた感じが増しました。
初めてカバーしたホッケーの試合で、たまたま倒れて動かなかった選手を見てテンパってた二年前が懐かしい。(その当時は選手が衝突した後単に動きたくないだけ、ていうのを全然見とれなかった)

明日は自分の担当の女子バスケ部コーチ陣と、うちのCPR/AEDコーディネーターのスタッフと一緒に、緊急時の対応手順についてレビューと練習。
願わくばこれから一生そういう場面に出くわさずにいたいけれども、もしもの時のために、自分のできる準備はしっかりとしておかなきゃと改めて思いました。
【2012/08/06 23:12 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ