レギュラーシーズン、最終週
おおおー!
今週末の二戦でなんとレギュラーシーズンの試合が終わり、
なんとなんと、カンファレンストーナメントが、来週!
おおおおお...いよいよここまできたか。

先週末のシニアデーゲームは、序盤からめっちゃ危なっかしかったけれども、なんとか勝ちました。はー。
それで、明日赤ちゃん生まれるうちのヘッドコーチはチームから事実上離脱。
して、今日からアシスタントコーチの一人が臨時ヘッドコーチになって、練習とかの指揮をとるようになった。
...のだけれども。

実はこのシチュエーションは、昨年に続き二度目。
昨シーズンの序盤に、同じくヘッドコーチがこれまた同じく赤ちゃん(この時の赤ちゃんが一人目で、今回は二人目)を産むんでチームを離脱してて、これまたまた同じアシスタントコーチが臨時ヘッドコーチとしてチームを仕切っていたのだけれども。
これがまた、非常にうまくいかなかった。
ヘッドコーチとしての経験がないから仕方がなかったのだけれども、すごく難しいんだな、って思ったし、そこで選手たちの緊張感も欠けてしまっていて。
今日の練習もまるでデジャブのような...早速じゃん。
これじゃいかんのだよー!て思っても、自分は何も出来ないんですよね。
今週末の試合で、トーナメントでのシードが決まるから、どうなるかなーって不安というかなんというか。
とりあえず自分は自分の仕事をするだけなんですが。
さてさて。
そんな感じで、二月最後の週です。早いなー
【2013/02/26 21:18 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
シーズンいよいよ終盤
どうも、ご無沙汰していました。
先週末はとんでもない試合をして帰って来て。
まあとりあえず、遠征続きな日々が一旦過ぎたしちょっと生活のリズムを整えようか、としたところでシーズンエンディングの怪我が出たりして。よりによって結構上手な、自分の好きなプレースタイルの選手。
それで毎日、チームドクターなり親御さんなりと、(自分が苦手且つ好きじゃない)電話をたくさんしたりして、珍しく慌しい毎日を送っていました。
ただ、怪我した選手も「ちょっとこのブレース(:日本で言うプロテクター?)おしゃれじゃないのよねえ!」てぶーぶー言えるくらいぴんぴんしてるし(笑)、選手の親御さんも、これまで何度も会って話したことがあるから話を聞いてもらいやすかったし、
周りの選手も、毎日自分と同じくらい文句をたらしながら(笑)元気にきゃーきゃーしてるしで、以外にストレスはあまりたまらんかった。
今回のこの怪我、自分にとっては初めて実際に見る怪我だったのですが、いろんな面で「へーこんなんかあ!」て思うことがいっぱい。
不思議なことに、普段自分の付くチームって怪我が滅多に起こらないから、あまり怪我という怪我を見る機会ってない。
ただ、今シーズンは、サッカーとバスケ両方でちょこちょこ新しいものに遭遇させてもらっています。自分の『怪我が滅多に起こらない』ラッキーチャームはどこに行ってしまったのか...。

昨夜に試合があって、前回ありえん感じで負けた(※前半にシュートが全く入らず、ハーフタイムを迎えた時点で20点差くらい開いていた)チームに無事勝って。
うちのチーム全体で、ちょっと調子を取り戻した感じを見られた試合でした。ほっとした。
レギュラーシーズンも残すところあと三試合、明日の試合が終われば残り一週間でプレーオフトーナメント(全チーム出場するからあまりプレーオフっぽくないけど)。

明日の試合は今シーズンで卒業する四年生を祝う、シニアデー。
試合の前に、四年生がご家族とともに紹介されて記念品贈呈があったりする。
去年自分が初めて持った四年生を送り出してから、もう一年が経つなんて。
明日の対戦相手は、今シーズンまだ一度も当たったことのないチーム、マンハッタン大学(Manhattann College)さん。
昨日ちょっと確信を持ったが、うちのチームはホーム戦では毎度結構調子がよくて、勝てるっぽい...。
てことで、シニアデーだし、うちのヘッドコーチの出産前最後の試合だし(※ヘッドコーチは明日の試合を最後に出産準備のためチームから離れる。てことで残りの大事な試合は全部アシスタントコーチの指揮の下でプレーしなきゃいけないのだが、これ非常によくない笑)、これは勝たねばいけない一戦。
そもそも相手一応格下だし、とかいう油断は大敵。というのをチームみんなで先週日曜日に学んだと思います。忘れてないといいんですが。
現在ショートベンチ(=プレーする選手の少ない状態。理由は怪我とかいろいろだけど、うちの場合は上手じゃない選手が半分くらいいるからショートベンチに...。)なうちのチーム、なんとか頑張って欲しい。


あ、そういえば。
昨夜の試合で、相手チームの選手が脱臼してしまったんですが。
うちのチームドクター(※厳密に言うと、女子バスケの試合に来てくれているのはうちのチームドクターのオフィスの看護師(Registered Nurse Practitioner:お医者さんとほぼ同じ行為をすることが認められている看護師資格)さん)が無事整復してくれたんですが、その話を今日うちのボスとしていたら、
「うちのカンファレンスの試合でちゃんとお医者さんが医療行為をしてくれるのは、うちとカニシアス大学(Canisius College:うちのご近所兼ライバル校)とシエナ大学(Siena Collegeの三校だけだよ」
て。
へ?
バスケの試合には、たいていどこのチームもチームドクターがベンチにいるけど。どういうこと?
「自分ら三校以外のチームに来ているドクターは、脱臼でも縫うのが必要な怪我でもなんでも、みんな『うちのチームの選手じゃなかったり自分らの患者でない人には何も出来ませんから、緊急に行ってください』てふつーに送るの。何もしてくれないんだよねえ。なんで試合に来てくれているんかよくわからん」
......。
へえー。
うちのボスは、ここでもう18年ほど働いているので、やっぱいろんなところでいろんな怪我に出会ってるらしくて、その彼の経験上、その場で助けてくれる医者に出会ったのはうち以外たった二校だけらしい。(うちのカンファレンスは全十校)
ベンチにいてくれるドクターは、それこそ外科医だったり内科医だったり、耳鼻科医だったり看護師だったり医師助手(PA)だったり、と学校によって様々ですが、
自分たちアスレティックトレーナーが法律上できない『脱臼整復や傷の縫合』をすることのできる医療資格者がサイドラインにいてくれることは、大きな利点。
...だと思うんですが。どこでもそうやって厚意でやってくれるチームばかりではないみたい。毎度「何かお医者さん必要なら呼んで下さいね」て言われるけど...まさかの社交辞令?
夜の試合の後に緊急に行くとか、精神的にも体力的にもすごくきついんだよね...。
て、なんか話がうろうろし始めましたが、
とりあえずシーズン残りもうちょいだから、うちもどのチームも全選手最後まで元気にプレーできますように!
【2013/02/23 21:52 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
もう三月!
...ていうのは気が早いけれども。
あっという間に時間が過ぎている。
そして最近はずっと九時間ぐらいの睡眠時間が必要になっている...てのはどうでもいいんだけれども。


先週末は、シーズン始まって以来初の週末二連勝でした。
これまではいっつも一勝一敗だったんだけれども。二連敗がないというのは本当に救い。(と言って今週末はきつい二連戦なのだが)
そして今週からまた試合の日程がちょっとずれるというのもあり、練習が二日連続オフに。
...て、自分の仕事はあったけど。
別にいいんですよ、別にね。
最近医者に電話かけたり会いに行ったりおしゃべりしたり嫌いな電話かけまくったり、あわただしいけど、
別にいいんですよ、選手がかわいいから、頑張りますよ。

で、明後日木曜日からはまた遠征に出ます。
金曜日の試合は、スポーツチャンネル・ESPNの大学スポーツ局、ESPNUで全米放送されます。
対戦校は、うちのカンファレンスでもう八連続くらいで優勝している、現在カンファレンス無敗のマリスト大学(Marist College)。
去年も今年も、勝てそうなんだけれども、いつも負けちゃう相手。
マリストさんは、女子バスケが大学の一番名物スポーツ(男子バスケは弱い)、さらに去年はその女子バスケ部が全米大会二回戦まで行ったということもあって、常にホーム戦は満員。
去年も書いたかもだけれども、ブラスバンドチームの指揮者のおじいちゃんが、試合前に歌って踊っての応援パフォーマンスをしたりする。もちろん観客参加型。
今シーズン実はもうマリストさんと一戦していて、それはうちのホームだったのだけれども、負けてた試合の終盤でコーチがベンチプレーヤーを全投入なんてしてくれたおかげで、最終スコアだけ見たら大敗。粘ったらもうちょいどうにかなったと思ったのだけれども...うちのコーチ、こういうのよくやるんだよね。
どーにかいい試合をして欲しい!
頼むよガールズ!!
【2013/02/12 23:17 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ニモ
猛吹雪が来ていました。
昨日から「金曜は朝からめっちゃ降る」と言われていたのだけれども、今日になって見たら、予報は15〜30cmほどの積雪だと。
......。
て、この地域ではそれほど珍しくない量なんですが。
たださすがに、ふわふわの雪がすごい勢いで積もっていくのは結構大変なものでした。ふわふわの雪って滑るし、勢いがすごすぎて除雪車が間に合わない、みたいな。あと風が。
この猛吹雪、「ニモ」ていうかわいい名前が付いているんですが、ボストンなど、うちよかもっと北東部にすごい被害を及ぼす怖いやつ。

自分朝出勤したときは、時間が早かったのもあってまだそれほど積もってはいなかったのだけれども、それでも運転は大変だった。
滑る中の坂道に加えて、道路が崖っぷちという危険付き。
毎度のことながら疲れました。
「家にいなさい!」とニュースやらなんやらで言われている中、学校は元気に開いてるし、もちろん練習はあったし、でなかなか閉校にならないし...。
帰りたいよーとスタッフとうだうだ言いながら働くこと半日、午後四時になって「学校閉まります」アナウンスが。
遅いよ!笑
うちのボスがたまたま今日夜練習だったので、自分ら他のスタッフを先に帰らせてくれました。
(※ちなみに彼は昨日ニュージャージー州に遠征に行っていたのだけれども、帰りのフライトが欠航になったため、コーチ陣が運転するレンタルバンで負け試合の後10時間ほどかけて明け方に帰ってきた。かわいそう...。)

朝から駐車場に放置してあった車が雪にすっぽり埋もれていたのを見たときには、「これはちょっとやばいかも」と思ったのだが、ふわふわ雪だったおかげでなんとか救出成功。
ほいで無事に帰ってこられました。除雪車さんありがとう。
ほいで「ああ疲れたよう」と思ってるうちにカウチで寝てしまっていて、今に至ります。
まだ雪は降ってるけど、今夜のうちに除雪車が頑張ってくれることでしょう。よろしくお願いします。

で。
明日はまた試合。
試合前のシュートアラウンドも試合も、めっちゃ微妙な時間過ぎて、一日何もできない...。
はあ。
自分の試合の後は、うちの男子ホッケー部の試合に行く予定。
ライバル校・カニシアス大学との試合なので、カニシアスのホッケー部で働くこうきさんに会いに行きます。わーいわーい。(※試合見る気なし。寒いし。)
前回自分が女子バスケの試合でカニシアスさんに行ったときには、こうきさんが奥様と試合を見に来てくれたのだけれども、試合の後一緒に男子部の試合見たりおしゃべりしてめっちゃ癒された。ほわわー
レギュラーシーズンの試合もあと七試合を残すのみ。
のみ、っていうか...。うーん(笑)
毎朝起きるのがめっちゃつらいし、出勤するまで仕事のモチベーションめっちゃ低いけれども(笑)、かわいいうちの子たちを見ると元気付けられます。なでなで
あと一ヶ月ちょいだ、頑張るぞー


(バスケ終わっても、すぐ後にサッカーがあるんだけれども...)
【2013/02/08 22:28 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Super Bowl Weekend
現在アメリカは、プロアメフトリーグ・NFLのチャンピオンを決めるシーズン最後の試合、スーパーボウルでにぎわっております。
このスーパーボウル、見所は試合...よりも、実は試合前の国歌斉唱、試合間のコマーシャル(※ありえん額の金が動いている)、そしてハーフタイムのショーだったりする。
今年の国歌斉唱はAlicia Keys。
渡米後毎年見ている気はするけれども(ちゃんと見てるのはここ三年くらいだけだけど)、今回の国歌斉唱は、歌う本人がピアノも演奏してて。
きれいだったけれども迫力に欠けた感はあった...けれどもやっぱり彼女めっちゃきれい!!!
...とほれぼれしている間に終わりました。
でちょうどさっきハーフタイムショーが終わったんですが、今年のハーフタイムショーはBeyonce。
あああすっごくきれい!
てほれぼれしてたのと、あとは自分でさえも知っている歌がいっぱい&Destiny's Childが出てきたのに興奮し過ぎて、とりあえず「よかったー」ていう印象しかありません。
...が、アメリカ人の評判は例年通りあまりよくなかった模様。へええ
最近は無駄な演出が多いのよ!と自分も文句を言いつつも、ここ数年の中では一番よかった気がするので、とりあえず満足。


昨日までメリーランド州とニュージャージー州に遠征に行っていたんですが。
仕事以外のところで、いろいろな出来事がありました。

遠征行く直前に、たまたま遠征先・対戦校での求人情報を見つけ。
それで試合前のシュートアラウンドに行った際に、そこのアスレティックトレーナーさんとおしゃべりしてた中で例の求人のことを話したら、なんと自分がサッカーの試合で会ったスタッフが突如いなくなったと。
その理由もかなりの珍事件で...思わず爆笑してしまった。
その学校はとてもいい大学だし、スタッフもいい人ばかり、ロケーションもバルチモアと悪くない(気候が優しいし。笑)。ヘッドもとてもいい人で、強豪プログラムをいくつも抱えていたりする。
しかもその空いたポジション、実は結構いい。(お給料はちょっと減るけれども仕事は確実に今よか楽になる)
...ということで、「ちょっといいかも」という思いがよぎったのですが、どうしても自分の今のボスが好き過ぎるので、ここを離れる気にはなれず。
やめた。
...ていう一連の話を、別な学校のアスレティックトレーナーさんとしていたら、「そうねー、あなたのところのボスはとてもいい人だからねえ、なかなか去れないわよねえ」と言われ。そうそう、そうなんですよねええ。
......ていう一連の話を(笑)、今日たまたまトリートメントで会ったボスにしたら、
「そ、それで、そこ応募するのか?!ここを去る気じゃないよね?!!」
と真顔で聞かれ、思わずびびった!笑 そんな反応されると思わなかったから。
あと何年ここにいるかはまだ自分の中でも決められていないんだけれども、心の隅で、あと二年くらいかと思っている部分が自分ではあったから、何気なく話してしまってたけれども...。たぶんボスは最低自分のビザが切れるまでの期間いっぱいはいると思ってくれていたのかな。なんか無駄に心配かけちゃったかも...ごめんなさい、とりあえず来年度はいます......。

それと、昨日試合の日、朝早く起きたので一人でぷらぷらホテルの外の道を散歩していたら、
でかい野生の七面鳥と遭遇しました(笑)
で、「わーでかい鳥だ!(※人に写真見せて聞くまで七面鳥だと分からんかった)」と歩きながら写真を撮っていたら、鳥が「およ?」と自分に気がつき。
のしのし近寄ってきて、自分の背後をついてき始めた。
......。
えええ
自分の腰くらいまであるでかい鳥が二羽、「ぐえっぐえっ」と言いながら自分のすぐ後ろをついて、のしのしと...。
今にもつつかれそうでめっちゃ怖かったので、「Go away!(あっち行け!)」て言ってみたけれども、効果なし。
無駄にばたばたしたら逆に攻撃されそうだし、周りに人も車も来ないしで、「ああどうしよう」と自分パニックモード。
早歩きしてみたら、鳥たちも駆けてついてきて余計に怖くなり(笑)。
ちらっと後ろを振り返って見てみたら、しっぽを広げて、攻撃だか求愛モードだかになってて...あわわわわこわいよーーー。
とりあえず一旦立ち止まって、鳥たちの気がそれるのを待ち、そーっとカニ歩きで立ち去ってみたら、うまく逃げ切ることが出来ました。
でかい鳥(たぶんこれも七面鳥)にはうちの近所でも一度会ったことがあるけれども...やっぱ鳥はあまり好きじゃありません。

あと!
メリーランドに滞在中、オマハ友達の一人、あずさちゃんが会いにきてくれました。
このホテルに泊まるたびに気になっていた、ホテルの隣のかわいいカフェに行って、短い時間だったけれどもすごく楽しい時間を過ごしました。コーヒーとマフィンがめっちゃおいしかったーわーい。
この夏から、うちのカンファレンスからバルチモアの学校が抜けるため、もう来られないかもしれないけれども、バルチモア結構好きでした。
あずさちゃん、わざわざ来てくれてありがとう!


諸々の写真もあるんですが、圧縮するのが面倒なのでまた気が向いたら...。
あと先日(て前の記事ですが実はもう二週間前ですね、あわわ)のカニシアス戦の辺りでも、またいろいろと考えさせられたりすることがあったんですが、それもまた後で思い出したら。
現在、スーパーボウルはバルチモア・レイヴンズが優勢です。このまま終わりそう。
ちなみにレイヴンズのチームカラーは紫なんですが、先週バルチモアの空港にチームで着いたときには、うちのチームの紫色の遠征ジャージがとってもなじんでおりました。
【2013/02/03 21:16 】
| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム|