パグ熱が
止まりません。
職場でもパグの写真をパソコンでちらちら、新しいわんこを探しているスタッフにもしつこくパグ飼って!と(無駄に)ごり押し。(彼はラブラドールの赤ちゃんを飼う予定)
パグを飼いたいの!けど自分の仕事なり周りの環境考えたらやっぱ無理だよね(ぐすん)!というもやもやをボスに頻繁に聞かせ(←めっちゃ迷惑)、そのたびに「そうだねーちょっと難しいよねえ」となだめられながら自分を落ち着かせている日々です。
したら、先日スタッフが「ちょっと遅くなったけど、お誕生日おめでと!」とカードをくれて。

 ぺろっ

「パグのお誕生日カード探してたんだけれども、いやーまさかあゆみの大好物(※三年前に遠征帰りに残った大量のピザをもらって持ち帰り、それから三ヶ月間毎日お昼にそのピザを食べ続けた...という事件(?)以来、自分の大好物はピザと日本酒とされている)が一緒のカードを見つけちゃうとは思わなかった」
わーい!わーい!!ありがとーー


今週末は、久々の週末オフ。しかもスタッフ全員。
さらにさらに、気温があったかいという最高な条件付き。やったったー
自分以外のスタッフは、金曜の仕事中から「いよいよ庭の芝刈りのシーズンがやってきたな!」「お庭造り(お花を植えたり整備したり)もしなきゃー」て張り切っていた。みんなそういうの好きで、しかも得意でうらやましい...自分お庭ないから心配する必要ないんだけど(ていうか家もないし)。

今日はゆっくり寝て、おうちの片付けなど家事をして、スタッフのお誕生日プレゼント作りしてた。
ちょっと前に、そのスタッフが「ネットでこんなん見つけた!」と、折り鶴がつるされている手作りの飾り(たしか赤ちゃんのゆりかごの上につけるメリーゴーランドみたいなやつ)を見せてくれたんだけれども、それをきれー!と言っていたので、お誕生日のプレゼントとして作ることにした。
折鶴の他にもくす玉とかも作って、ちょっと日本人の本気を垣間見せてみた。(←我ながらいちいちいやらしい)
自分が不器用だからちょっと時間がかかり、それで半日が終了した感じ...。でも出来上がってよかった。
あとは夏休みの予定を立てたり、知り合いの日本人ATCの方と話したりしてたら一日終わった。
あーゆっくりした。わーい
明日はお昼前に目が覚めるといいな〜

 お誕生日にいただいたお花全貌。かわゆい!
【2013/04/28 00:50 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Birthday Wishes
火曜日。ひんたんと自分の誕生日でした。
友人たちからもたくさんのお祝いメッセージをいただきました。
オマハにいたときずっとお世話になっていたホストマザー、シェリーも留守電を残してくれて、それを試合のハーフタイムに聞きながらちょっと泣きそうになりました。
自分の担当のバスケ部・サッカー部の選手たちやコーチ陣からも、たくさんのおめでとうテキストやハグをいただき、うちのスタッフやよく話す男子バスケ部の子たちもお祝いしてくれました。
で、みんなに「今夜は何するん?!」と聞かれたのですが、いや、仕事...みたいな。

そう。
夜八時からというありえん設定のサッカーの試合。(相手チームもよく来たな。)
最近自分がカバーする試合って、絶対変なけが人出るんよね...。
と思ってたら、予想通りと言うかなんというか、相手チームにけが人が相次ぎ、その影響で試合自体が長引いて。
やっと終わったと思ったら、なんでか分からんけど両チームのコーチが突如PK練習を始めて...こ、こらあ!!
もうくたくた...とパトラッシュをはぐはぐしたい気持ちいっぱいで十時過ぎに帰宅したら、お部屋の前にかわいいお花と風船とくまさんが待っててくれた。
なんてサプライズ。
疲れてたのもあったけど、うれしかったので本気でめそめそ泣きました。ぐすん


これまで29年間、何不自由なく育ててくれたお父さんお母さんに感謝しきれません。
二人分大変な思いをして、ひんたんと自分を一緒に生んでくれたお母さん。
生まれたときから、自分の指も含めどんなことも優しく受け止めてくれたお父さん。
まーくんと三人、困らせたことも多いけれども、それでもいつもどんなときも支えてくれて、どうもありがとう。
まだまだ親孝行し切れないけれども、きちんと恩返しが出来るように頑張りますので、どうぞもう少しお待ちください。

ひんたん!
おなかの中にいるときからこれまでずっと一番近くにいてくれて、その奇跡がうれしい。
これからも一緒に頑張ろうね。大好きだよーーー(はあと)
【2013/04/24 01:31 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
あわあわ...
今日月曜日はオフだった。
先週木曜日に車のメンテナンス及び修理(ブレーキパッドがなくて車がなかなか止められなくなってた)をようやっとし
...たと思ったら、今度は別な部分を修理しなきゃ危険ですよと言われ...。ああーいつものこのパターン!笑
それで今日のオフに合わせて修理の予約をして、今朝いつもよか早起きをして車を修理に持って行き、それからお昼過ぎまで二度寝。
ようやっと起きたところで、修理工さんから電話がかかってきて、他に修理が必要なところが見つかったと。
それを直さないと運転するのは危ないのだが、部品が手に入るのが今日の夕方だから、明日の午前中までは車返せませんと告げられる。
......。
えええ

この予想外の一件で、自分の予定が狂った。
予定してた買い物に行けなくなったこと、修理でさらに時間とお金がかかることとかは、割とどうでもよかった(さすがにちょっとはがっかりしたけど)。
それに明日は、夜の試合をカバーしなきゃだから出勤は午後からの予定、だから仕事にも全然影響がなかったのだけれども。
問題は、今夜、体育局全職員出席することになってた、体育局主催の学生選手のための晩餐会。
車がないと行けないし。
周りに友達も家族もいないから送り迎えたのめる人いないし。
人に頼むの苦手だし。
とか言っててもしょうがないので、勇気を出してバスケ部のコーチ陣の中で一番よく話すし一応近所に住んでる(らしい)アシスタントコーチにテキストしてみたのだが、「今リクルーティングでいないの!」との返事。終わった。
うちのスタッフは全員、おうちが自分と逆方向だし、遠いし。
...どうしよう。

この学生選手のための晩餐会は、毎年年度の終わりに開かれる、学生選手たちの一年間の頑張りを慰労するためのもの。
学生選手たちはもちろんのこと、体育局の職員たちも出席すべきとされている。
ただ、これ一応学生選手たちが主役のものだから、わざわざ他人に余計な手間をかけさせてまで自分が行かなきゃなものでもないかも...(自分たちにはほぼタダのご飯食べに行くだけみたいなものだし)。
と思って、二時間およおよし(ながらバナナブレッドを焼い)た後、どうしましょうとボスに電話してみたら、
「やっぱ自分たちもなるべく出るべきものだから、あゆみがどうしても行きたくないならいいけど、行く気があるなら迎えに行くよ」
ああっ!(なんてやさしいの!)
ああ......。(また気を遣わせてしまった...。)
あ、ありがとうございます...ぐすん。
上司に迎えに来させるだめ部下。すんません。


で。
晩餐会行かないかもーと思ってそれまでのんびりしていた自分、急に行くことになったので、そこからまたわたわた...。
自分めっちゃバナナブレッドくさいよーーーと内心めそめそしながら、急いでお化粧して服を決めて支度して。
それで無事に晩餐会行ってきました。
ちゃんとして見える!とみんなにほめほめされ、おいしいご飯とデザートまでもりもり食べてきた。ありがとうボスー(ぐすん)
「帰りのライドは、体育局の別な部署の職員の子に頼んでおいたから!」と別なスタッフから告げられ、結局別な部署の方にまで手間をかけさせた。み、みなさんご迷惑おかけしました...。


とりあえずいろいろと、無事に終わってよかった。ふう...。
明日は夜八時から女子サッカーの試合。それでようやっと春シーズン終わり!練習も試合も、なし!!
もうちょっとだーがんばれーー
【2013/04/22 20:53 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
終わり
月曜日のボストン市内での爆発事件から、五日目。
容疑者二人のうち、一人は射殺され、二人目もようやっと捕まりましたね。一人目のときと同じく銃撃戦になってしまったようで、真相を明かすのに重要な二人目の容疑者も重症。
いろいろな意見があると思うけれども、自分はやっぱり事件を起こした理由などをはっきりしてほしいから、どうにか命を取り留めてちゃんと話をしてほしいと思ってる。
ちなみにちゃんとたしかめてないけれども、ボストンでは死刑が認められていないらしく、それに憤りを感じる市民の方もいるみたい。
とりあえず道路や学校、お店など全てが閉鎖され、緊迫状態が続いていたボストン市内は、ようやく眠れる夜を迎えた。
テレビでは、容疑者が拘束され、その後本部に戻ってきた警察や救急隊員の車を、メディアを押しのけ市民の方々が囲んで「ありがとう!」と言いながら声援を送ってお祭り騒ぎをしてた。なんだか不思議な光景だった。日本では見られなさそうな。
一応容疑者は逮捕されたけれども、事件の全貌をはっきりさせるのはいよいよここから。
何か爆発事件単発以上の事情が見つかったりするのかな。

今日容疑者が逮捕されるまで、今回には限らないことだと思うけれども、メディアがすっちゃかめっちゃかしてた。
うちの近所も巻き添えをくらった。
自分は今日職場でスタッフから話を聞くまで全然知らなかったのだけれども(結局でまっぽかったし、聞いたスタッフも「ちゃんとラジオの話聞いちゃって損した!」とぷんぷんしてたからよかったのかもだけど)、容疑者がカナダに逃亡しかけているとの話が立ち回り、うちから15分のところにあるナイアガラの滝のレインボーブリッジ(※ナイアガラ川を渡してアメリカとカナダをつなぐ橋)が封鎖され、街も封鎖だか厳重体制とられただかしたらしい。
封鎖されたのは本当らしいのだけれども、その理由が、単に犯人がカナダに逃げようとしているといううわさだけでなく、『ロシア人グループがバンに乗ってブリッジを渡ろうとしたところ検査に捕まり、バンの中から大量の袋(=ドラッグか武器)が発見された』といううわさがあったらしくて...。
そのことを知ったうちの大学も、すぐに対応をし、「これまでのところこの大学付近に緊急状態は迫っていません」という全体メールを送った。
ちなみにうちの大学の横には、ナイアガラの滝による水力発電の発電所があって、ここで発電される電気はニューヨーク州とか他の多くの州にまで届けられるらしく、アメリカ国内でも重要な発電所のうちの一つ。
ということで、かの9・11の際には、「次のテロ標的はここではないか」と騒がれて厳重体制が敷かれたらしい、というのは割りとよく聞く話...。
まあアメリカにいる以上、どこも安全ではないという結論に至るんだよね結局。
(※でもネブラスカにいたら何か狙われるような所あったかなあ...。あ、でも時々ネオナチ組織のミーティング会場になってたな。)


話は変わって。
先日わんこを新しい家族として向かえたうちのスタッフ。
どうも昨夜わんこがおいたをしちゃったらしく、それで奥様はめっちゃおびえちゃって、スタッフ自身も一晩眠れなかったらしく。
ということで、わんこを“迷子のおうち”に返すことに決めたらしい。
若いわんこで、まだいろいろ慣れたり学ぶのに時間がかかるんだよ、と他の犬を飼ってるスタッフたちが話してたけれども、どうもそのわんこ、うちのスタッフが飼う前まで何度も“わんこのしつけブートキャンプ”に参加したらしいのだけれども、一向にわんぱくさが抜けない子らしくて。
かわいそうに、何か昔のトラウマがあるんかもね、とみんなで話していたけれども、スタッフが「この子がしつけを身につける前に自分がダウンしちゃう、もう相当きつい」ということで、残念ながら今回はわんことさよならすることになった。
わんこがもうちょっと落ち着いて、別な新しい家族に迎えてもらえるようになるといいね。
「じゃ、じゃあ次はパグを...!!」とそわそわする自分が言い終わる前に、犬を飼ってるスタッフたちが「いや、ラブラドールの赤ちゃんがベストだ!」と声をそろえて一言。
うう、先輩たちの一言はなんて説得力のあることよ...。


明日は夕方から夜中まで男女テニスの試合のカバー。
で明後日日曜日は、寒い中朝から一日男女サッカーのトーナメント。
別に誰を責めるわけでもないけど、試合を多くしたら怪我の起こる可能性も高まるわけで、それで『怪我ばっかりだ!』とか文句言われたくない。そもそも春シーズンに週三試合以上とかする意図が分からない、選手の数も足りてなかったりするのに。
と言っても仕方ないのだが。はあ。
とりあえず今年度中、週末働くのは今週が最後!(の予定。注・アメリカは六月が年度の節目です)
もうこれ以上怪我が起こりませんように。すでに来シーズンまで響く怪我がたくさん...。
【2013/04/19 23:15 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
理想
ご存知の方も多いと思いますが、これがパグです。

 しゃきーん!

ぶさいくなのにかわゆい。そして短毛。(※三年前の経験からして、多分自分ねことか毛の長い動物と暮らすとアレルギーが出る)
これ飼いたいの!
二、三年以内に飼い始めるのが夢。
日本にも似たようなのがあった気がするけれども、アメリカだとヒューマン・ソサエティなどと呼ばれる動物保護所(:アメリカだと外で動物の放し飼いはできない。それでもし逃げたペットたちが首輪やIDチップを身につけていない場合、その子たちはヒューマン・ソサエティや他の動物保護団体に保護されて、一定期間のうちに新しい飼い主さんが見つからなかったら殺されてしまう)で、元誰かのペットだった動物たちを買うことが出来る。それで昨日話してたうちのスタッフもわんこと出会ったのだけれども。
自分もそこで理想のパグを見つけたいと思ってる。
元ペットだった子たちは、(その子たちの歳にもよるけれども)大体しつけやトレーニングを受けながら保護所で新しい飼い主さんを待っている感じ。だから、ペットを飼ったことのない自分には、一からしつけをするよりずっと簡単。それにわんこの命を救うことにもつながるし!
自分の問題は、遠征もあるし仕事で家を留守にしていることが多いから、そうすると誰も代わりに面倒を見てくれる人がいない今のような状態だと、わんこは難しい。
「だからねこ飼いなって」と言われたのだが、いやー、たしかにねこのが面倒見るの簡単なんだけれども...。
ねこって高いところでも届いちゃうから、それはそれで別な心配事があるし、一週間くらい家を開けることもあるから、その場合に人に頼まなきゃってなったら、頼むのが犬頼む以上に大変だったりするじゃないですか。(※ねこを飼ってるおうちはねこ仕様になってる。高いところにのぼれないようになってたり。自分の周りには犬を飼ってる家は多いがねこは少ない。相当おとなしいねこじゃない限りはちょっと迷惑になる可能性があるから難しい)
「ああそうだねえ...。じゃあわんこだな。飼うなら今だよ、したらシーズン始まって忙しくなる前までに慣れるから」
う、うう...。
ちょっと今のお給料(と精神力、に加えて人に頼むのが苦手な自分の性格)だと、わんこを飼える余裕がありません。
せっかく飼うのなら、さびしい思いをさせず、幸せな暮らしをさせてあげたいし。
ぐすん。
いつになるかわからないけれども、いつか実現できたらいいなと思います。
それまではこういう動物保護団体への寄付とかチャリティー支援をし続けます。パグパグ、待っててね!!
【2013/04/17 19:56 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ