どうでもいいことですが
自分が大学院生のときは、アスレティックトレーナーとしてヒールを履きながら現場で働くなんてありえない、「周り(の他のアスレティックトレーナー)はそういう部分を見てるし、仕事が出来るかどうか判断されることもある」みたいなことも言われた覚えがある。
ヒールを履いてでも仕事出来ると思う人もいるだろうし、ヒールにも高さや種類いっぱいあるけれども、ヒールなんて履いていたら足元が不安定だと考えるのが多くの意見だと思うし、だからこの仕事には向かないというのは普通に理解できると思う。
て、ずっと思っていたし、自分は今でも「ヒールなんていかん!」て思っているのだけれども。
実際には試合のときにがっつりヒールを履いている女性アスレティックトレーナーはかなり多いことに気が付いた。
まあ結局、すべき仕事がちゃんとなされればいいので、あまり気にする人もいないんだろうなという話なんでしょう。
自分脚が短いから、ヒール履いて縄跳びとかできれば(←適当な目安)仕事でも履くだろうになあ、とピンヒール陣を見ながらぼんやり思ってる。靴ずれとか痛いから試す気もしないけれど。

ていう長い前置きはさておき。
インターンを始める時に、ヒールの無い、ぺたんこのスーツに合わせる用の靴なんて持っていなかったので、「まあ履く機会も(当時シーズン前半担当していた)ホッケーの試合のときくらいだし」と$10のぺたんこパンプスを買った。
明らかに安く見える靴で(笑)、アメリカだから履けたようなものだと常に思っていたし今でも思うけれども、フルタイム二年目に差し掛かった去年、「バスケの試合で履く機会も増えたし、買い換えよう!」と思い切ってぺたんこ二号を購入した。$30くらいだった覚えがある。(←思い切った)
仕事でぼろぼろになるのを見越して安いのを買ったのだけれども、一応ブランドはちゃんとしたところで買ったから、なかなか履き心地がよかった。
で、予想通りぼろぼろになってきて色がはげてきたので、どうしたものかと思っていたところ、「シャーピー(日本で言うマッキー)ではげた部分をぬりぬりして靴磨きでぴかってしたら、いける」というアメリカ人のポストを発見。
今日試しにやってみたら、予想外にいい感じに生き返った。
ぱっと見新品。(そしてよく見ると超が付くほど不自然...)
これで今シーズンは安泰だ。ほっ


ところで、アメリカにはいくつものオーディション番組があるけれども、そのうちの一つ『America's Got Talent』という番組の今シーズンの優勝者がなんと日本人。
百万ドル(だっけ?)の賞金と、ラスベガスのショー会社との契約が副賞。
自分この番組を見てはいなかったのだけれども、話だけは見たり聞いたりしてて、一番すごいと思ったのは彼の予選でのパフォーマンスでした。

映画『マトリックス』の世界を表現した、ダンス“っぽい”(dance-ish)パフォーマンス。
http://www.youtube.com/watch?v=cn-NsWRtaSY

日本でも話題になるかと思ったのだけれども、全然出てない気がする。ふーん


先週は一週間長かったから、なおさら今日のオフが幸せでした。
いっぱいお昼寝した。ぶひ
そういえば先週半ばには、自分の女子サッカー部がなんと奇跡の初勝利をあげた。相手校は、いつも自分たちにスタジアム内の公衆トイレを“ロッカールーム”として与えてくれる近所の大学。別にどうでもいいけど。
ま、その後は別なチームに負けたけど。それもどうでもいいのだが。
一勝八敗。やっとシーズン半ばかあ。
明日からの一週間はもうちょっと穏やかな気持ちで過ごしたいな。
【2013/09/22 23:33 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<やっと金曜日 | ホーム | 週末>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ayumi.dtiblog.com/tb.php/967-2c37a1b2
| ホーム|